旅のクライマックスは帰国日だった!(1)

この記事は7月2日から10日までの旅の記録です。政府や航空会社の感染症への対応などは現在と異なる場合もあり得ることをご理解ください それまで順調に、トラブルもなく迎えた最終日。 旅は最後の最後まで何があるかわからないとは言え、予想以上のアクシデントがあり、後から考えてみるとまさにこの最終日がこの旅のクライマックスだったなと思える。 午前11時発の仁川行きの飛行機に乗るために、息子の運転でダラス空港に向かう。 空港に着いたのはきっかり2時間前の午前9時。 帰りの飛行機は大韓航空のシェア便で、実際にはアメリカン航空の飛行機。 セルフチェックインの機械でははじかれ、カウンターで案内を受けるように指示されたのでアメリカン航空のチェックインカウンターに並ぶ。 機械ではじかれた人は周りでも多くいて、多分、コロナの関係で国ごとに入国の制限があったり、必要な書類が異なったりすることが原因だと、思う。 アメリカン航空のカウンターには、国内線と国際線の利用者で長蛇の列。 受け付けているカウンターはたった二つ。 遅々として進まない列だったけれど、ただひたすら列に並んで待った。 やっと私の順番が回ってきて、「預け荷物は一つ」「行先は仁川、Korea」「帰国後は2週間の隔離」などのことを確認され、発券を待つのみという段階で。 キーボードに何かを打ち込んでいた彼女は、どこかに電話をかけている。 自動音声のようで、途中でピッ、ピッと番号を押して、ただ受話器を持ってひ…

続きを読む

お嫁ちゃんが作ってくれる酒はおいしい

この記事は7月2日から10日までの旅の記録です。政府や航空会社の感染症への対応などは現在と異なる場合もあり得ることをご理解ください 息子が結婚した相手、K。 カラフルなタトゥが体に入っていて、(詳細を書くのは避けるが)昼は学校の先生。 コロナの状況で学校でのクラスがなくなってしまい、今は以前からたまに働いていた近所のバーで、バーテンダーとして働いている。 滞在中、そのバーにも彼女が勤務中に寄ったのだけれど、とても素敵なバーだった。 細長い店内には、長いカウンターに10個ぐらいのスツールが並んでいて、奥には4人が座れるテーブル席が二つ三つ。 近隣の米軍ベースの軍人たちや病院のナースなどが仕事を終えて飲みに来る地元密着のバー。 もう何年もそこで営業していて、何というか、長年、そこで客を迎えている、落ち着きみたいなものが店のそこかしこから感じられるバーだった。 料理は一切出さず、お酒と軽いつまみだけのそのお店で、Kはカウンターの中でお酒を作って出し、話しかけられれば話に応じる。 かいがいしく動き回りながら笑顔で対応する彼女は、何だかその場にしっくりと馴染んでいて、「義母」としては彼女がとても誇らしく思えた。 店の客は半分以上が常連で、席がないぐらいに賑わっていた店内の客が入れ替わり立ち代わり、ワタシと息子が座る席にやってきて息子とお嫁ちゃんをほめてくれ、次々とカクテルやテキーラショットなどをごちそうしてくれた。 かんぱーい。 カンパーイ。 Cheers! …

続きを読む

タイ航空の機内食

タイ旅行には今回、タイ航空を利用したんですが。 行きの飛行機での機内食。 ビーフカレーかチキンパスタを選べたんです。 旅行の時は機内食を食べないことのほうが多い私ですが、「タイ航空」「カレー」と聞き、何かおいしいカレーが出てくるんじゃないかと期待して、「ビーフカレーお願いします。」と言ってみました。 そして出てきたのが。 そう。カレーはカレーなんだけど。(ちなみにカレーは肉も柔らかく、大好きなジャスミン米でおいしかったです。) 一瞬で私の目をひいたのは、真空パックに入ったミニキムチ。 かわいいけど。 そしておいしそうではあるけれど。 韓国の航空会社ではもしかしたらキムチが出ることは多いのかもしれないけど。 私は、今までの旅行で、機内食にキムチを見たことはなかったので、ちょっとびっくりしました。 密室でキムチか・・・。 私の目的は「カレー」だったので。 カレーだけを食べ、あとは手をつけなかったけれど。 ワタシもカレーを食べているから何とも感じないけど。 機内に充満しているであろうカレーの香辛料とキムチの匂いは想像するしかない。 私の隣で機内食を断って、音楽を聴いているパートナーの顔をちらりと見ると。 ノイズキャンセリングの大きなヘッドフォンで耳をふさいでいるパートナーが目を閉じて、苦しそうに眉間にしわを寄せていました。 クリックお願いします! 応援クリックお願いします!

続きを読む

台風と入れ違いに。

6日間のバンコクの旅から帰ってきました。 早朝、釜山は台風で荒れに荒れたようですが、私たちがバンコクを発ったのが午前12時半ごろで、釜山に着いたのは午前7時。 釜山空港に着いた時には明るくカラリとした朝で、でもタクシーで海雲台の自宅まで帰る道には木がなぎ倒されていたり、風で落ちた大量の木の葉で道がすごいことになってて。 台風が通り過ぎたまさにその直後に、釜山に降り立った、という感じがしました。 今回のバンコク旅行は、食べに食べた日々だったな。 いつも泊まるホテルに、いつも行く食堂。 食堂はホテルから徒歩圏内の、4軒ほどあるお気に入りのお店。 そこを順番に。間にはマッサージ屋さんを入れて。 蒸し暑く、それが当たり前で街並みにぴったりしっくりくるので、日がな毎日、Tシャツに楽なパンツをとっかえひっかえ着て、足元はどこへ行くにもっぱらビーチサンダル。 気が向くとそこら辺のマッサージ屋さんへふらりと入ってマッサージをしてもらったりするのでお化粧も面倒くさく。ほぼ毎日、すっぴん。 そういう日々をたった数日送っただけでもね。 人間、だらけるものですね。堕ちていく感覚でもいいますか。 何だかおなかの肉が、とか、お肌の日焼けが、とか、どーでもよくなってくるんです。たった数日で。 そして何のためらいもなく、気が向くままに時間になれば一日三度の食事。 人間、食べられるものだね。 ムッとする熱気と、蒸し暑い気候と、汗が出るスパイスの効いたタイ料理。 …

続きを読む

自由時間の始まりは洗濯から。💨

さて。 昨日の午後からこの旅行の本来の目的である、パートナーの仕事が始まりました。 アジア各国のインターナショナルスクールの代表者と、主にアメリカとイギリスなどの大学関係者が集まり、情報交換とカンファレンスがあるといいます。 それ以外にも、インターナショナルスクール用に開発された教育システムソフトの業者など、関連する企業やIT業者が集まるそうで、その輪の中にいない部外者の私から見ると、とても楽しそうです。 現にパートナーも、以前のここでの大学関係者との出会いを即、仕事に生かしてるみたいだし、学校システムに使えるソフトも導入したそうです。 今朝は本格的にカンファレンスの日程が始まるということで、私は彼のワイシャツのアイロンをかけて「がんばれー!」と心からの声援とともに彼を送り出した後。 そう。 自由時間でーす! とりあえずは部屋にある洗濯機で洗濯です。 毎回、タイに来て思うことだけど。 一日に二度はマッサージに行くんですね。 足マッサージと全身オイルマッサージを、午前中と夕方に分けて、という組み合わせが多いです。 とりわけ今回は、この前ここにも書いたコーネンキの波が押し寄せてて、何だか良くわからないけどマッサージは血行を良くするのに効くかな、なんていう思い込みもあり。(まぁ、実際にはそんなに関係ないかもね) バンコクでは私は、ビルの上層階にあるアロマの香りが漂ってて清潔な高級エステマッサージには、まず行きません。 行くのはもっぱ…

続きを読む

え?予約がない?👀💦

バンコクを訪れるたびに、宿泊するホテルはいつも同じ。 ここです。 以前にもこのホテルのことは書いたと思いますが、スタンダードの部屋も45㎡と、広々としているとこが良い。 ビルの一階と地下がショッピングモールとスーパーマーケットになっていて、この上なく便利。 部屋にはキッチンとダイニングのスペース、備え付けのドラム式洗濯乾燥機もあり、1週間程度の滞在には申し分ないんです。 シーロムという地域にあり、周りにはおいしいタイ料理屋さんやマッサージのお店が所狭しと並んでいて、街の雰囲気もいいです。 と、いつものとおり、予約したホテルに着いたんですが。 チェックインカウンターで。 予約が見当たらないので、予約の確認メールを見せていただけますか? と。 え? 予約が入ってない? うふふ。 何か予約間違えた? と、隣りのパートナーを見ると、焦り気味にケータイでメールを探してる。 そして彼が開いたカレンダーのホテル予約画面には、そこだけ輝いているように見える文字。 Check in Tomorrow 予約は明日から入れてましたー。 しょうがなく、今日の分の追加予約。 明日から宿泊するタイプの部屋は今日は満室らしく。 別のタイプの部屋に一泊して明日、部屋を移らないといけないらしいです。 「あの、去年のあの部屋だったりして。」 そう。 ちっちゃなゴキちゃんがいた、あの部屋。 ・・・…

続きを読む