ランチにありつけた

ほぼひと月に一度程度の割合の、コストコへの買い出し。 Gのヘアカットのあとに、コストコへ向かうことにした。 ここのところ、コストコへ行く日のランチはタイ料理と、無言のうちに決まった。 コストコに行く前にそのタイ料理屋で食べて散歩がてらコストコまでちょうど良い距離だからというのがその理由。 それでこの日も、そのタイ料理屋に向かった。 Aroi Thai というタイ食堂。 前回行った時には、こんなふうに空いていたんだけど、その日は確か平日の遅いランチ時間だったという事に、店の前に着いてからやっと気づいた。 あれ。 なんか車がたくさん止まっている。 店の前が何となく混雑している。 そういえば。 今日は土曜日。 それも1時過ぎという、ランチ真っただ中の時間帯。 嫌な予感がする中、ドアを開けてみると。 9テーブルのうちの2テーブルは食事中。 2テーブルは客が座っているけど何も出てきていない。 2テーブルは予約済みのプレートが。 そしてあとの2テーブルは、客が食べ終わった皿がそのまま放置されている。 そしてそのすべてのテーブルを担当しているスタッフは、たった一人。 いつもいる、若い男の子。 実は私はとてもおなかが空いていて、大好きなタイランチという事で、頭のてっぺんからつま先まで「タイ・モード」。 タイ料理のこと以外、他には何も考えられないという状態になっていたので、入り口で立ってひたすら待った。 料理が出てきてい…

続きを読む

共食い?

先日、夕食にケータリングで감자탕(カムジャタン)を注文した。 いつものケータリングアプリ(배달의 민족)で、点数高めの店に注文。 しばらくして玄関に届けられた。 配達の方はコロナ対策もあって、玄関に置いて素早く去ってしまう。 玄関を開けるとそこには白い袋のみがポツリと置かれている。 袋を持ち上げて、え? 冗談抜きでぎっくり腰になりそうなほどの、ズッシリとした感触。おおげさか。 ただシンプルにカムジャタン2人前を注文しただけなのに、一体何が入っているのかと思うほどの重さではある。 中からは、タライ❓かと思うほどの容器に、恐竜の背骨かと見間違うほどのどでかい豚の背骨が数本。 시래기という、カムジャタンにつきもののおいしい葉っぱは別注文で追加しなければいけなかったようで、ほんの申し訳程度にひと塊。 ジャガイモも、小さいかけらが数個。 つまりタライの中には巨大背骨4-5個に、これでもかというほどの赤いスープ。 どひゃ。 写真ではイマイチ伝わらないけれど、私の頭が優に入るぐらいの、どでかい洗面器。 鍋に移し替えて、食べた。冷蔵庫にあったキノコとかネギなどを足してみて、食べたけどね。 今更だけど、あとから口コミを見たら、「すごい量!」「おいしい!」「次回もここに決まり!」と、ポジティブな口コミのオンパレードで、だから点数も高かったのだろうけれど。 ワタシ的には、もはや夕食というより、エサ。飼料。 食べ進める程に、そんな気がどんどんし…

続きを読む

危険なスイーツ

最近、朝食にオートミールを食べる人が1名。 食べていたオートミールがそろそろなくなりかけていたので、新世界百貨店の地下の、前回買ったところに行ったら、あるはずの棚から消えていた。 オーガニックという言葉につられて買ったものなんだけど、ないものはしょうがない。 ちなみに、オートミールと名の付く商品は他にも一つもなかった。 たまたま売り切れだったのかな。 それで近くのホームプラスに行って買ったのがこれ。 買うときは気がつかなったのだけれど、オートミールには「クイックオートミール」または「インスタント」と書いてあるものは言葉通り、クイック。お湯を注いで一分とかで柔らかくなるらしい。 そんな区別があるとも知らなかったので、今回買ったのはお湯で弱火で5分とかなんとか。 どちらにしてもそんなに差があるわけではないけれど、一つ勉強になった。 そしてこの、クイックではないオートミールはお菓子の材料として使うにも適しているらしいので、それなら、と、作ってみたのがコレ。 たまたまみつけた、クックパッドのレシピを参考にしてみた。 おいしいよ、これ。 シナモンもナッツも新鮮なイチゴもたっぷりと。チョコチップも。 そこらのケーキ屋さんではこんな贅沢なケーキは食べられないだろう。 一切れ、二切れと、止まらなくなる危険なスイーツ。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中 ブログランキング参加中

続きを読む

静かな時間の過ごし方

今年二度目の、カクテキ。 大根が安い! そして、生でかじっても甘くてみずみずしくて最高においしい! 食堂で食べる大根キムチもおいしいけど、やっぱり自分で漬けて家で食べるのが気分的に、何となく安心。 キムチ漬けの初心者なので、白菜キムチも大根キムチも、「私のレシピ」「我が家の味」は、ない。 その時々でネットのレシピを見比べながら、その時々で材料を変えて、味が変わるのも楽しい。 だいたいの材料はどのレシピも似たり寄ったりだが、レシピを選ぶポイントはリンゴやナシやキーウィなどのフルーツの甘みを利用して砂糖少なめのレシピ。 「こってり」系キムチよりは「あっさり」系のレシピを選ぶ。 特に最近の大根がおいしいから、ぶっちゃけどんなレシピでも、おいしく出来上がる。 大根を切り、塩漬けし、ヤンニョムを作って漬ける間には、リンゴジャムを。 この前箱買いしたリンゴが、冷蔵庫にたくさん入っている。 リンゴをひたすら剝いて、イチョウ切りにする作業も、「何も考えない」禅のような時間。 KakaoTalk_20201201_133304342.mp4 リンゴ5-6個が煮詰まると、ガラスのジャー1本分ぐらいになり、トーストを食べるGに毎朝、朝食で出すとあっという間になくなる。 リンゴを煮ている時に、部屋中に広がる甘い香りは、癒しの香り。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中 ブログランキング参加中

続きを読む

りんごの箱に

この前、Naverに出店していたリンゴ農家から、リンゴを10キロ注文した。 いつも作っているグリーンスムージーにリンゴは必ず入れているし、夕食に主食代わりにリンゴを食べたりする人が一人、いるので、我が家のリンゴ消費量が二人家族にしてはとても多い。 だからマートや市場に買い物に行くと、自然とリンゴに目が行く。 おいしそうで、値段も安かったりすると、まだ冷蔵庫に残っているのについ買ってしまったり。 たまたまリンゴがそろそろなくなるころだなと思い、まとめて注文するかと思い立ち、思い切って10キロをオンラインで注文してみた。 口コミで安くてとてもおいしいというので。 そして届いたのがコレ。 そう。 おまけで、柿が入っていた。 何てことないおまけの心遣い。 何だかとても嬉しい。 皮ごと食べるので、こうやってベーキングソーダを混ぜた水に漬けてゴシゴシ洗う。 それにしても10キロは、小ぶりのリンゴが50個以上。 想像したよりさらに多かった。 リンゴはたくさんあり、時間はたっぷりあるので、リンゴジャムなど煮てみた。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中 ブログランキング参加中

続きを読む

三日月の夜にマッコリ

ここ数日、うちの窓からはぽっかり浮いているきれいな三日月が見える。 これは昨晩。 空も空気も澄んでいて、窓から月が見えるのは良いな。 友人から頂いた貴重なマッコリがあったので、今日は何となく、韓国風のおつまみを。 キャベツとネギ、マッシュルームに、少なめの小麦粉で「パジョンもどき」。 その上には、これも頂きもののパクチーをたっぷり。 かつお節があったので、マヨネーズとソースで食べようかどうしようかと迷ったけれど、マッコリと食べることを考えて、「お好み焼き系」はやめて、レモン汁につけて食べてみた。 パジョンは数えきれないぐらい食べているはずなのに、何だか初めて食べるような。 さっぱりした、うちでしか食べられない不思議な味の無国籍パジョン。 それにしても、いただいたマッコリがおいしかった。 市販の物とは違い、味も濃くて甘ったるい後味もなく。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中 ブログランキング参加中

続きを読む