電気と、人のつながり

以前住んでいたサイパンという島が、去年、大型台風の壊滅的とも言える打撃を受けた、ということはここでも書きましたが。 昨日、サイパン在住の知り合いの언니から写真が送られてきた。 10月の台風の打撃を受けてから2ヵ月半(!)、未だに家に電気が供給されていなかったんだけど、昨日、やっと家の前に電気を供給するための車が続々とやってきて、こうして工事を始めているという。 台風で地域の変圧器が壊れ、そしてまた台風の影響でアメリカ本土から変圧器の輸送がままならず、それで電気の供給がこんなにも遅れたのだそうだ。 1-2日で、やっと、やっと、電気のある我が家で生活できる事になるのだそうだ。 灼熱の島で2ヵ月半、電気なし・・・。 暑さも暑さだけれど、当然のことながら、生活するために電気は不可欠なわけで、相当な苦難を強いられただろうな、と思いきや。 確かに我が家で電気が使えない、それも1日2日ではなく、2ヶ月以上に渡り! そのストレスは言葉では表現出来ないほどの打撃だったけれど、生活そのものはそれなりに楽しく(!)出来たらしい。 彼女はサイパンに20年近く住んでいる韓国人。 周りには同じく長年、島で住んでいる友人や知人がたくさんいるわけで。 経営しているゲストハウスの一室を提供してくれたり、「うちは電気、来てるからうちでしばらく過ごせば?」という複数の友人の家を夫婦で転々としながら、この苦境をしのいできたという。 中には、だんな様はビジネスがあって島を離れられない…

続きを読む

再会。

韓国から数日間、サイパンに戻って来ているK。 10年来の家族ぐるみの友人で、私より3歳年下の彼は、アメリカ&サイパンで育ち、数年前に韓国へ移り住んだ。 彼の事は4年前にサイパンに遊びに来ていた時にもここに書いた事がある。 サイパンで政府関連の仕事に就いていた彼。 「アメリカ人」とはいえ、韓国系の人物が政府関連の仕事に就くのは当時、珍しかった。 そんな安定した職場にいたにも関わらず、彼がいきなり、韓国へ移り住むと言った時にはトチ狂ったかと、正直思った。 当時結婚した彼女は、韓国でメークアップアーティストだった女性で、韓国で彼女に仕事はいくらでもあったとはいえ、当時の彼の仕事を辞めてまで韓国に移り住むのは無謀なんじゃないの。そんな事も本人に伝えた。 私たちにとっては彼が突然言いだしたように思えたけれど、彼の中では長い間考えに考えた末の結論だったようで、彼の意思は固いようだった。 ここの政府の仕事にしがみついたところで、先が見えない。 広いところで自分の力を試してみたい。もっと年を取る前に。今しかない。 そんなような事を言ったように記憶している。 彼の決意が固い以上、「じゃ、送別会ね。」と私達夫婦と彼で食事をした。 リーさんはしつこいぐらいに「行く以上は死ぬ気で頑張る位の覚悟を持て。」と説教をたれた。 リーさんはどちらかというと、彼というより彼のお父様と近しく、彼はリーさんにとって実の弟のような存在でもあり、父親みたいな気持ちもあったのかもしれない。 彼の心構えや意気込み、これから移り住む韓国…

続きを読む

オススメはね。

最近観る韓国ドラマ&映画は、dabdate.comと、hulu.com。 dabdateは、海外在住の韓国人向けのサイトらしく、韓国のテレビで放映された番組が翌日にはサイトで観る事が出来る。 難点は、数日するとどんどん削除されて行くという事。 だから旬のドラマやTV番組を見るにはもってこい。 最近私がここで観ているのは、韓国で月曜と火曜に放映されているドラマ。Ms.Repley。 そしてhulu.comでは、bad guyという、去年韓国で放映されたドラマを。 これはファイルが削除されるという事はないけれどその代わり、ドラマの合間にコマーシャルが入る。 じれったいけど。 ま、ただで観ている訳だし。 画像も綺麗だし。英語字幕も消してみる事が出来るし。 hulu.comには、最新のアメリカの映画などもアップロードされていて、うちの息子達もよく利用しているようだ。知らなかったよ。 今観ているドラマ二つ、観終わったら今度は久しぶりに韓国映画にどっぷりハマってみるか。。 観たいと思っている映画が目白押しなのよ。くくく。

続きを読む

今日の夕食。

自家製カクテキ。 私が漬けたんじゃありません。あえて誰が漬けたかは言いませんが、お分かりでしょう。 今日の夕ご飯はカレーライス。あ、これは私が作りました。(アロンのリクエスト。ハート。) ちなみに我が家では、カレーライスにキムチは、なくてはならないもの。 あ、ラーメンにも、キムチはなくてはならないものです。 今日はこの作りたての、しゃきしゃき大根のカクテキと、つぶ貝の酢味噌和え。 日本語では何というか知らないけれど、韓国語でミナリという葉っぱがあるんです。スーパーで売っている。 三つ葉に似ているようなでも違う、独特の香りがあるんだけれど、私コレ、大好きなんです。 玉ねぎとツブ貝(水煮の缶詰)、それにこのミナリに、コチュジャン大匙一杯、酢たっぷりドボドボドボ(私、酸っぱい料理は何でも大好きなんです。)砂糖適当、すりにんにく適当、ごま油適当。 コツは、調味料をチマチマ入れないで、豪快に入れること。 これで、それなりの味になります。本当です。

続きを読む

シークレットガーデン

へっへっへー。 見たいと思っていた韓国ドラマ、シークレットガーデンの全編、ファイルを手に入れて見終わった。 見たい時にゆっくり見る事が出来ると思うだけでシアワセ。 実際見ているときはつかの間の非現実の世界でシアワセ。 またまた寝不足の数日を過ごしたよ。 頭の中には、テーマソングが一日中、グルグルグル。 シークレットガーデンと言えば。 我が家の裏はジャングルで、木が手つかずのまま鬱蒼と茂っている。 そのジャングルを間に挟んでお隣さんの、10年来の友人、ハイディが、引っ越した早々、「あんたを早く裏庭に案内してあげなくちゃ」と張り切っていたのだ。 そして何よりも、そのジャングルを「シークレットガーデン」と名付けたそうなのだ! 誰が?ハイディが。多分。 で、誰がその呼び名で呼んでいるか。 多分、ハイディとその家族。 それにしても、何て素敵な名前なんでしょう!! 家の裏に「シークレットガーデン」があるなんて、ね。 家の裏に秘密に包まれた「おとぎの国」があるような気分です。 他人の土地だけど。笑 シーズンになると、これでもかというほどの見事な実がなる巨大なアボカドの木、そして古代チャモロのシンボルでもある、ラッテストーンがそのジャングルの中に残っているそうなのだ。 そして何でもそのラッテストーンは、サイパンに残っている物の中で多分、一番大きな物じゃないかと言われているそうだ。 9個のラッテストーンが、そのジャングルの中に散らばっていたのだけれど、 近くにアパートメントを建てる時に、貴重なその歴史の証…

続きを読む