旅のクライマックスは帰国日だった!(1)

この記事は7月2日から10日までの旅の記録です。政府や航空会社の感染症への対応などは現在と異なる場合もあり得ることをご理解ください

それまで順調に、トラブルもなく迎えた最終日。
旅は最後の最後まで何があるかわからないとは言え、予想以上のアクシデントがあり、後から考えてみるとまさにこの最終日がこの旅のクライマックスだったなと思える。




午前11時発の仁川行きの飛行機に乗るために、息子の運転でダラス空港に向かう。
空港に着いたのはきっかり2時間前の午前9時。

帰りの飛行機は大韓航空のシェア便で、実際にはアメリカン航空の飛行機。
セルフチェックインの機械でははじかれ、カウンターで案内を受けるように指示されたのでアメリカン航空のチェックインカウンターに並ぶ。

機械ではじかれた人は周りでも多くいて、多分、コロナの関係で国ごとに入国の制限があったり、必要な書類が異なったりすることが原因だと、思う。

アメリカン航空のカウンターには、国内線と国際線の利用者で長蛇の列。
受け付けているカウンターはたった二つ。

遅々として進まない列だったけれど、ただひたすら列に並んで待った。
やっと私の順番が回ってきて、「預け荷物は一つ」「行先は仁川、Korea」「帰国後は2週間の隔離」などのことを確認され、発券を待つのみという段階で。

キーボードに何かを打ち込んでいた彼女は、どこかに電話をかけている。
自動音声のようで、途中でピッ、ピッと番号を押して、ただ受話器を持ってひたすらひたすら相手の応答を待っている様子。

5分、10分、15分・・・。

この時点ですでに10時半を回っていた。
まぁそれでも。
今チェックインしているのだから、発券さえしてもらえばよいのだ。

彼女は受話器を肩と頬に挟んで、まだ何かを打ち込んでいる。
そして私に聞いた。

「Koreaって、南?北?」

え?

ミナミか北かといえば、ミナミデス。

あはは。

思わずはははと笑ったワタシに、彼女は「コロナのせいで入国に関して色々制限があるから確認したの」と。
まぁ、いい。

それからさらに5分、10分と過ぎ。
何か問題でもあるのかと聞くと、私の予約データにコロナ関連で「韓国に入国不可」と表示されていて、そのロックを解除しないといけないのだけれど担当者が忙しくて電話に出てくれないのだという。

私も彼女も焦ってきたころに彼女が言う。

この預け荷物の点検が済むには1時間がかかる。
このままだと飛行機の出発に間に合わない。
方法としては預け荷物に入っている液体をすべて取り出し、捨てる必要がある。
そしてこの預け予定だった荷物は機内持ち込みカウンターでチェックを受けて搭乗ゲートへ直接持っていくしかない。

もしくは明日の飛行機に予定変更となる。


え。

頭の中に、キャリーバッグの中の「液体」が浮かぶ。
預け荷物は、当然ながら預ける前提だったので「液体物」はたくさん入っている。
アメリカへ来るときにはキャリーバッグの中のほとんどは息子たちへの食料品をぎっしり詰めてきたので、帰りにはスカスカだったこともあり、マーケットでいろいろと買い込んだ。
たとえば、トマトソース類、息子の家で食べてとってもおいしかった、バナナペッパーという黄色いピーマンのピクルス、そして前から「あればいいな」と思っていた、Pinesol。
Pinesolというのは、島暮らしの時に床を拭くときにかかせなかったクリーナー。

pine-sol-all-purpose-cleaners-4129440236-64_1000.jpg

どうってことないクリーナーだけど、この匂いが恋しく、懐かしくてね。
マーケットに売っていたので一本、買ってあった。

これらが預け荷物に入っていて、今日の飛行機に乗るためにはそれらを破棄しなければならない。
息子夫婦は、空港でのお別れがつらくなるので列に並ぶところですでに帰した。
翌日の飛行機に変更するには、すでに1時間前に走った道を引き返しているであろう息子に連絡して、片道3時間ほどの距離を明日、もう一度運転してもらうか、もしくは空港近くのホテルを取るか。

この究極の選択のうち、私は液体物破棄を決めた。

ワタシには何の落ち度もないが、それを言い合う時間的な余裕はない。
とりあえず、チケットを発見してもらって涙を飲んで息子が買ってくれたそれらのものをゴミ箱にぶち込む。胸が痛い。

そして大きな荷物を引きずって手荷物検査場へ向かった。

20200709_064557.jpg20200709_063438.jpg

息子の運転で空港に向かう途中には、こんなにきれいな朝焼けを見ることができた。
このあとに大ハプニングが待ち受けているとも知らずに、途中で買ったマクドナルドの朝マックにかぶりついていたのだ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外二人暮らしへ
応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
ブログランキング参加中












この記事へのコメント