港にて。

サメット島へ向かいます。

バンコクからは、サメット島に向かう船が出発する港まで4時間の車での移動です。
インターネットで検索すると、バスかタクシーで移動するのが一般的のようですが、パートナーがバスは嫌だというので、バンコクで宿泊していたホテルのツアーデスクで車を手配してもらいました。
多分、かなり割高の金額を支払ったと思いますが、車はきれいな広々した座席で快適に移動できたし、べらぼうに高いというわけではないので、払った金額は忘れることにします。笑

ツアーデスクでもちょっと値切ったんですけどね。値切った金額で、あっさりOKと言われたので、あれ、もうちょっと値切ってもよかったかな、とちょっと後悔。
ツアーデスクのかわいらしい女性は、それまでのやり取りではその場の電話で確認とってたのに、こちらが値切って金額を提示したら、OK、ちょっと待っててください、と言い残し、どこかへ消えました。
私の想像では、自分の知り合い、または親戚に港までの運転を依頼したのではないかと。。。笑

とにかく、港までの道中は快適な車で移動できたのでよかったです。

ただ、すっごいスコールと雷でした。

20180924_122836.jpg20180924_122852.jpg

ちょっと写真だとわかりづらいですが、前が見えないぐらいの豪雨+雷。
サイパンに住んでた頃も、それこそバケツをひっくり返したようなスコールには慣れてて、そういう雨も大好きだったんですが、高速道路を走行中の車の中にいると。。ちょっと恐ろしかったです。。前が見えないぐらいの豪雨だったので。。

4時間の道中と言われたけれど、実際にかかったのは3時間ちょっと。
途中、降ったり、晴れたり、また降ったりで、無事、港にたどり着きました。
着いてもこの豪雨で、港から船が出ないとなったら、周りに泊まるとこ、あるかなぁ、とそこまで考えてたんですけどね。

そして港でまた、船の手配。
スピードボートやフェリーの申し込みブースがずらりと並んでるんだけどね。
車の運転の方とすでに連絡が取れてる、おばちゃんのブースに「自動的に」案内され、まぁ、しょうがないね。とついていく。

どこでも同じようなもんでしょ、と金額を聞くと、なんかこれはもう、「べらぼうに高い」レベルなんじゃないの❓という金額を提示されたので、「ほかのとこ探します。」

自慢じゃないけど、サイパンに住んでた時の鼻が利く、というかね。
こういう場合は、たくさん並んでるブースを離れ、直接船着き場に向かう。

お金のやり取りをしなさそうなところをちょっとうろうろしてたら、やっぱり、女の子がトゥクトゥクみたいなのに乗って、近づいてきた。

さっきブースで提示された金額の半額以下。
そしてそれをまた値切る。笑

「タイピープルと同じ値段だからこれ以上はだめ。」という彼女に、えー、でもでも。とごねて、結局彼女はボスに電話するといい、お互い納得の「真ん中の金額」で折り合いをつけた。

やり取りの途中には、こんなこともあった。

サメット島の往復スピードボートに、帰りにバンコクまでのタクシー代も含めての金額を提示してきた。
つまり、4日間、サメット島で過ごした後、自分の家族だか友人の車でバンコクへ帰るということ。

来た時に運転手さんに払った金額に比べれば、金額的にはかなり割安だったけれど。

4日後のタクシー代を今、前払い。。。。

4日後にあなたに連絡とれなかったらどうするの?

と聞いてみると、「ダイジョブダイジョブ。ギャランティー。私が絶対運転手に連絡しておくから。」

そーじゃなくて。

やっぱりどうしてもそれは、リスクがあると思ったので、断りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村




この記事へのコメント