彼の誕生日。15歳。

ジェイクの誕生日だったのです昨日。15歳になった。

今年の彼の、誕生日の要望は。
珍しく、韓国人の長年の友人二人だけを招待して家でお祝いすると言う。
彼が通う高校には、韓国人の学生もたくさんいる。
巷の韓国人社会では、その高校に韓国人があまりにも集中しているからという理由で、わざわざ別の高校へ行かせたり移ったりする家庭もあるほど。
それでもジェイクの回りには、韓国人の学生はあまりいなく、日ごろから不思議な感じはしている。

今日、15歳の誕生日に家に来てくれた二人のボーイズは、4歳の頃からの幼馴染。
サイパンで生まれた子達ではあるけれど、ジェイクを除く後の二人は、英語よりも韓国語が楽チンだという事で、それは私を感心させる。

ジェイクも、友人のうち、彼らといる時だけは韓国語で話すのだ。
いい感じ。その調子で韓国語、どんどんしゃべりなさい。
明け方3時まで語り明かし、ゲームで遊び、翌日は友人二人、それぞれ教会や塾の予定が入っていたにも関わらず、皆、キャンセル。
午後まで喋って笑って、映画を観に行ってお開きにした。

ジェイクの中学までの同級生も男の子二人でジェイクをいれて三羽烏だった。
韓国人の友人も、ジェイクを入れて三羽烏。
韓国人の血とでもいうよな絆を三人とも感じているようで、来てくれた二人のボーイズにもありがたく、彼らと15歳の誕生日を祝いたいと言い出したジェイクにも、感謝に似た気持ちがある。


ところで、息子のフェイスブックには、100を超える「ハッピーバースデイ」のコメントが残されていた。
どんな友達がいるのかなぁと彼のページを覗いてみると、うむむ。半分ぐらいは私の知らない名前。
私の知らない間に、彼のソーシャルライフを築いていたのだなぁと今更ながら思う。

そんなに親しくないとしても100を超えるハッピーバースデイは、嬉しいよね。本人、とっても嬉しそうです。

明日の夜は、誕生日にかこつけて、今度は中学までの同級生5人(学校は複学式だったので、一つ上の子も一応「同級生」)がまた集まって、ピザパーティをするそうです。
卒業してそれぞれ、違う学校に進んだのに、今でもこうやって仲が良いのを見ると私も嬉しい。
幼馴染か兄弟のような感覚なんじゃないかと思う。本人たちはわかってないと思うけど。

こうなったら、どーんと構えようぢゃないの。誕生日パーティ2回って、出費が痛いけど。笑

この記事へのコメント