ある週末。

10ヶ月前に日本に帰国した友人が夏休みを利用して遊びに来てくれたので、ビーチでピクニック。

パウパウビーチには、数年前にはしょっちょう遊びに来ていた。
すっかり忘れていた楽しさを、久しぶりに思い出した感じ。

お義母さんと、亡くなったお義父さんも、ここへ来てみんなで楽しく過ごしたなぁ。
冷たく冷えたビールを飲みながら、気持ちよい海風に吹かれて、義父母も本当にのんびりした週末を一緒に過ごしたのだったよ。
そんな思い出があるパウパウビーチ。

時期をずらして日本から来た私の両親は、パウパウビーチではなくて、確か東側のビーチ、ラダービーチまで行ってピクニックを楽しんだのだったね。

その時は子供達もまだ小さくて、一緒に貝殻を拾ったり海へ入るのにも「危ないからねぇ。」と、手をつないで入ったのだった。
こちらもビールとのり巻きのお弁当を持参して、楽しかったねぇ。
アロンが3歳ぐらいだったと思う。

その時は、のどかな週末のありきたりのピクニックとしか思わなかったけれど。
ただ風に吹かれて、静かでのんびりとした時間は、思い返すと、思い出に残る素敵な一日だった。
義父母とも、私の両親とも、そんな日々を過ごせて心からよかったと思う。

そして今回、また思い出に残るビーチでの一日。

久しぶりに会えた友達と一緒に過ごした時間は、やっぱり数年後にもっともっと、大切な充実な時間として、記憶によみがえって来るのだと思う。

DSC_0029_20100902193223.jpg

プライバシー保護という制約がなかったら、もっと面白い写真がたくさんあるんだけどね。ぷぷぷ。

この記事へのコメント