時間変更。

私が勤めている会社の就業時間が短縮された。
会社としては、時間短縮の分の人件費コストを削減しようという事。
ここだけの話ですが。
私は最低就業時間を満たさずにさっさと退社してしまう事が今までにも多々あったんですねぇ。
いっひっひ。
今回、会社の規定の変更によって、2週間で換算すると8時間の時間短縮になったわけで、社員は不満ぶうぶうといった雰囲気。
何てったって、8時間分の時給が一気に給料から減る訳だからネ。
私も収入が経るという事に関しては一応、表面上、みんなと一緒になってぶうぶう言っては見るものの、実際何が不満なのだと問われると、自分でも何が不満なのかよくわからない。
私に限って言えば、今までとそんなに変わらない状況だと言うのが現状。笑
変わる事と言えば、以前は、まだ陽がサンサンと照っている午後の昼下がりに退社するのは、みんなの手前、ちょっと気が引ける部分があったのだけれど(はい、ホントに、こんな私でもその気持ちはちょっとありました。)、今は、堂々と退社出来る、と、その程度の違いです。
会社の規定で、さっさと帰りなさいと言われているのだから、大手を振って堂々と帰る事が出来る、とそう言う事です。
例えば、私の退社時間。
タイムカードを押すと、すれ違う同僚に、「もう帰り?!」と聞かれる。
以前は、「うーん、まぁね。」などと言葉を濁し、さささっと会社を抜け出たのだけれど。
今では「もう帰り?!」と言われると、堂々と言える。
「うん、時間短縮だもんね!やんなっちゃう!それじゃ、おつかれさまー。バイバーイ!」と、こんな具合に。まさに、晴れ晴れ、なのです。笑
ぶうぶう言っている割には、結構、嬉しいかも。

が。決してそんな喜ばしい事ばかりではない。
給料日には、その額面の少なさにがっくりとなるのは他でもない私。
働いていない分、しわ寄せを食らうのも、言うまでもなく私なのだ。
言い訳する訳ではないけれど、会社にいる時間が短い分、もう一つの私の仕事の方に力を入れてバナー広告を作るべく、パソコンで苦戦してみたり、今までしなかった子供たちの宿題チェックをしてみたり、夕食のメニューを一品増やしてみたり、それなりにやっているつもりではいる。
そしてそして、たまには、昼寝したり、平日の昼間っからサウナに入ってみたりはしてるけれどもね。
ま、そうやって折り合いをつけながら、どうにか一日一日をこなしていくしかない。という事ですね。

この記事へのコメント

  • くみ

    TITLE:
    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうか、とうとうきたのね。
    でも早く帰れるのって嬉しいよね。
    先週ジェスミの学校の運動会だったの。家族で初めてなので楽しかったわ。45キロの彼女は80M競争で重い体で3位でした。無事終わるかと思いきや、学校の池に落ちたジャネットは泥の異臭を放っていました。トホホ
    今週はジャネットの運動会。すごい張り切っていますが、どうなることやら。お弁当に、レッドライスを頼まれたので、うちだけアイランドスタイルで頑張るわ。
    みんな元気かしら?オンマの日本の家族はお変わりありませんか。またね。
    2008年09月30日 15:33