オアシス

사하라 사막에서 꼭 오아시스에
멈추어 쉬어야 할 이유에는 세 가지가 있다.
첫째, 쉬면서 기력을 회복해야 한다.
둘째, 여정을 되돌아보고 정정해야 할 것은 정정한다.
셋째, 같은 여행길에 오른 다른 사람들을 만날 수 있다.
이상하게도 멈추어 쉬고 활력을 되찾으면
더 많은 것을 할 수 있다.
더 많이 쉴수록 더 멀리 갈 수 있다.

オアシス

サハラ砂漠にて、オアシスに立ち止まらなければいけない理由は3つある。
一つ、休みながら気力を回復させること。
二つ、今までの旅程を振り返り、修正する部分は軌道修正する。
三つ、同じ旅をしている人たちと出会う事。

不思議なことに、立ち止まり、活力を補うと
さらに多くのことを出来るようになる。
多く休むほど、さらに遠くまで行けるのだ。

コドウォンの朝の手紙より。今の私は、ちょうどオアシスで一休みしているんじゃないだろうか、と思い立つ。

毎日忙しくて、日々の生活で手一杯で、気持ちとしては「砂漠のオアシスで一休み」という気分では全くないけれど、それでも毎日の食べるものに困るわけではなし、子供たちは当然のように通い馴れた学校に行く。
ワタシも当然のように与えられた仕事をこなす。
一日が終わる頃には、家族が集まって同じ時間を過ごす。

これがオアシスでなくて何だと言うのだろうか。

この先、何があるかわからない。
もしかしたら、嵐の中に投げ出されるような事があるかも知れないし、砂漠の真ん中で道を見失うことがあるかもしれない。
その時に備えて気持ちの準備をしつつ、オアシスのひと時を楽しむ、そういうのもいいよね。
例えそこがオアシスじゃなくても、気の持ちようでオアシスはそこにある。

この記事へのコメント