映画「何だかなぁ」

映画を観る前には、できるだけ事前情報を得ないほうが、私は断然、面白い。 昨日、ネットフリックスで観た映画は、これ。 Same kind of different as me 星二つです。 ネットフリックスで、作品の下に書いてある「あらすじ」ははっきり言ってあまりあてにならない。 「あらすじ」を読んで観始めたら、思ってたのと全く違うトーンの映画だったりする。 昨日もそんな感じで、他の情報は一切ないまま、1-2行の「あらすじ」だけをざっと読んで観始めたのだけれど。 ここから下はネタバレあり。観る予定の人は読まないでください。 ストーリーは、裕福な白人夫婦がホームレスの黒人に「差別なく」友人としての手を差し伸べ、友情をはぐくむ間に白人妻がガンで亡くなってしまう。 が、彼女が残した差別のない温かい心はその後の社会にも引き継がれていく、と。 この世のすべての人は「ホームレス」。 死んだら神の元へ、「ホーム」へ還っていくのだと。 一言で言えばそういうストーリーで、これ以上でも以下でもない、裏表のない単純明快ストーリー。 これに涙して感動する純粋さは、私は持ち合わせていない。 お金持ち白人夫婦が黒人のホームレスばかり集まってくる教会のボランティアに出向き、食べ物をよそってあげるシーンからして、何だかなぁ、と。 何不自由ないシアワセな夫婦だったにもかかわらず、夫が浮気して、それを妻が許し、一緒にボランティアに誘うというストーリーも、…

続きを読む

ウィルスを機に

ウィルスの感染がまだ終息してもいないのにこんなことを言うのは、不謹慎かもしれませんが。 公共施設のトイレで、とっても丁寧にソープで手を洗う方たちを見かけると、何というか、嬉しいような気持になるんですよね。 あまり言いたくないけど、映画館やカフェのトイレなんかで、個室から出てきて手を洗わずに出ていく人をかなりの割合で見かけていました。 前にも書いたけど、それが「悪い」というつもりはないんです。 私は「トイレの後には手を洗う」という習慣があったけれど、それがない人もいれば、「合理的に」片手だけ洗う人もいれば、人それぞれ。 でもこのウィルス騒ぎの後は、トイレで手洗いのシンクの前に列を作って順番を待ち、ソープでガシガシと手を洗っているおばちゃんたちを目にすると、愛しくて抱きしめてあげたいとさえ思います。이모~ ウィルス騒ぎがおさまったら、この手洗い習慣もまた消えてしまうんでしょうかね。 できれば続いてほしいな、と。 ついでに、ウィルスを機に、道にカーッ。ペッ。というのも、「お。ちょっと待てよ。考えてみれば、これも汚いことなのかも。」と目からうろこじゃないけど、気づくきっかけになればいいのにな。 これだけ飛沫ヒマツって騒いでるんだから。 そしてついでに、これはまぁ、おまけだけど、みんなで食事に行って鍋を自分のスプーンや箸で突っつく文化も、これを機に消えてしまえばいいのにな、と密かに私は思っています。 島で暮らしていたころにも、韓国食堂はたくさんあってどこもおいし…

続きを読む

久しぶりの<非>オススメ映画

数日前にネットフリックスで。 The Last Thing He Wanted ワタシ的に、五つ星の中の、星一つ。 一つもちょっともったいない感じだけど、ベン・アフレックは好きだから彼に一つ。 でもなんか顔が・・・。 太っただけでなく、なんかこう、不自然でしたね。 映画は、最初から最後まで、心に響くモノ、ほぼ全くなし。 ストーリーも、「あれ?なんかワタシ、途中で見逃してない?」「何かが省略されていない?」と感じられるほど、突拍子もない。 「なぜこの人がいきなりここに現れて、ベッドの中で裸になってる?!」 主演女優のアン・ハサウェイって、何を観たのかは忘れたけどその名前には何となく馴染みがあり、ベン・アフレックは好きな俳優なので、「はい、今晩はコレね。」と観始めたけど、終わってからも「何これ。」という感想しかありません。 観終わった後、他の人たちはどういう感想を持ったのか、レビューを見ると。 やっぱり辛口の点数でした。 でも中には「みんなが何で低評価なのかわからない。突拍子もなく、謎に満ちたストーリーがこの作品の魅力」と。 そういう見方もあるのか。 人の考え方や味方って皆、違ってて、面白いですね。 この映画に対する面白さという事で言えば、作品そのものより、色んな人が書いているレビューを読むほうが面白いかも。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む

消毒したものは

韓国語で書いてはあるけれど、「クロラックス」社の製品は、以前に住んでいた島での生活で欠かせないモノでした。 トイレ掃除や洗濯や、ありとあらゆる漂白と殺菌は、これ一本だったな。 ちなみに、掃除に関するもう一つの定番クリーナー。 パインソル。 この鮮やかな、思わずソーダで割って飲みたくなるような万能クリーナー 私はいつも、レモンフレーバー、じゃなくてレモンの香りのが好みでした。 床の水拭きに、いつもこの洗剤を水に混ぜて。 懐かしいなー。 韓国でも色んな漂白剤が売っていますが、ワタシ的には長年使ってた「クロラックス」が一番しっくりきます。 このクロラックスワイパー。 最近はこれで玄関のドアノブやパスワードボードのところを拭いたりしています。 この前は、ワタシとパートナーGの財布から、カードというカードを全部、抜き取り、両面、このワイパーで拭きました。 普段、紙幣はほとんど使わないけれど、カードは頻繁に使っている。 カードを拭くなんて今までの人生で、考えたこともなかったけど。 要するに、暇なんですね 昨日は玄関の、靴を脱ぐスペースをきれいに拭きました。 ウィルスに関する情報は、日本と韓国では報道の仕方も、情報公開の仕方も全く異なっていて、色んな方のブログやニュース記事を見ると、国もそれぞれ、人もそれぞれ、考え方が違うのだなぁ、と。 「日本も韓国のように感染者の立ち寄った先を公開しろ」という意見には、それもそうだな…

続きを読む

洋風サムギョプサル

もともと、しょっちゅう外出する生活でもなかったけれど、最近は「引きこもり率」ともいうべきものがとても高くなっている毎日。 仕事もするし、家事もしているけれど。 楽しみはネットフリックスと、「食べること」です。 昨日は、買ってあった豚肉をオーブンで焼きましたよ。 時間はたっぷりあるので、午後の時間にたれに漬けて肉をマリネしておき、200度のオーブンで焼く。 買ってあった、ワタシが大好きなセリとネギを和えて、肉と一緒に。 昨日のポイントは、ごま油を使わずにちょっと洋風サムギョプサル? マリネには写真にあるようなドライハーブを使い、セリの和え物もごま油抜きで。 何となく気分で、そうなったんだけど、「おっ。」というほど、予想以上においしかったです。 ごま油をオリーブオイルに代えることでこんなにもさっぱり感が増すとは。 まさに、普通のサムギョプサル食堂ではなかなか食べられない、家ご飯です。 近所のホームプラスで仕入れておいたワインと一緒に。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む

おととい思ったこと

昨日の釜山は久しぶりの雨。 ぐっすり寝入っていた朝8時に、アメリカにいる息子からの電話に起こされました。 いつもはもっと早く起きるけどね。 パートナーGもいつもの時間に出勤することもなく、何となくだらけてたんですね。 誰にともなく、言い訳。 2日前はワタクシの誕生日だったのでございます。 アメリカはここより半日ほど遅れているのでちょっと時差があり、誕生日の翌日の朝に息子(長男)から電話が来たというワケ。 息子と、交際中のラブラブの彼女と一緒に、誕生日おめでとうのメッセージをもらいましたよ。 誕生日だからって特にどうということではないですが、誕生日にかこつけて、行ってみたいと思っていたレストラン&バーがあるにはありました。 夕食はそこへ出かけようかと、パートナーGと話してはいましたが、何となく気が乗らず。 我が家の近くには素敵なレストランやカフェがたくさんありますが、その多くは数日前から「臨時休業」。 開けておくよりも閉めたほうがコスト的にダメージが少ないんでしょうね・・。 昨日は天気も良かったので、夕食は家で食べることにして、お昼に散歩に出かけました。 いつも行くカフェも開いていたからよかったものの、静まり返ってました。 帰りには、そのカフェの近くにあるケーキがおいしいお店でテイクアウトの小さなケーキを買って、ワタクシの誕生日を家でお祝いしましたよ。 次男からも、電話がかかってきました。 しっかり、韓国の時刻に合わせて、当日中…

続きを読む