秋の空に浮かぶネオン

うちの窓からの、見慣れた景色なんですが、ほんの1年前の景観ともかなり変化しています。 海よりの方がどんどん開発されるに伴って高層ビルがどんどん建ってるのでね。 前は海にぽっかり浮かぶ五六島がきれいにみえていたんだけど、今では島の端っこのほうが、ビルの間に見えるか見えないかになりました。 空の色や雲の形はその時々で違ってて、晴れの日も雨の日も、この窓から外を眺めるのは大好きな時間です。 昨日、気づいたんですが、このビル。 何やらまぶしいぐらいの光を放っています。 新しく建設されたビルなんですが。 夕方ぐらいに点灯していて、そのあまりの「眩さ」に「うーん、何だかなぁ。」という気がしなくもなかったんですが、夜には「消灯」してました。 そして今日は、夕方になっても点灯していません。 夜空にまぶしすぎるほどの明るさで点灯してたライト、「まぶしい」と近隣から苦情があったんじゃないかというのが私の勝手な推理。(&妄想)。 今日はヘウンデへ散歩に行ってきましたよ。 もう11月になろうとしているけれど、寒くもなく、さすがに泳いでる人はいなかったけど、ビーチには人がたくさんいました。 ヘウンデのビーチの「名物」とも言える、いつもTバックのパンツをはいて真っ黒に日焼けしたおじさん(どう見ても)は今日もまだいました。いつもビーチバレーかビーチサッカー❓のようなものをして遊んでいるようです。 安定のTバック。安定の黒さでした。 思わず写…

続きを読む

ウルサンへの旅

蔚山(ウルサン)という地域は、母の、母方の家族が暮らしていたところだそうです。 色んな事情で、私の母方の祖父は祖母と結婚後、祖母の実家がある蔚山というところに引っ越して暮らし、日本へ渡ってきたという事です。 それで今回、母が持っていた、昔の住所を記したメモだけを手に、その住所に訪ねて行ってみることにしたんです。 メモ一枚を手に、知らぬ土地を探し当てる、それも特に母からすれば思い入れの深い、今は亡き両親がかつて住んだ土地。 センチメンタルな旅に、といいたいとこですが、今はカカオタクシーのアプリに昔の住所を入力すれば1秒もかからず、そこまでの距離、タクシー料金、近隣に何があるかまで一目でわかる。 便利でもあり、何だか味気なくなったとも言えますね。 まぁ、でも歩くのがとっても遅い母と一緒に、蔚山には一泊の予定で行ったので荷物も少しあり、やっぱり便利なのはいいな、というのが私の正直な気持ち。 泊っていたホテルから大雨の中、タクシーに乗り、30分ほど田舎の方へ走る。 ナビには私がタクシーを呼ぶときに入力しておいた住所が示されている。 アプリに昔の住所を入力すると、なんとそこにはキリスト教会が表示された。 祖母は母が若い時に亡くなっているので、もちろん私は記憶がないけど、祖父は覚えている。 その祖父が若いころに祖母と暮らしていた家があった場所に、教会があるというのが、なぜか新鮮な驚きだった。 何となく、ビルが建っていたり、昔の面影など全くなく開発されているの…

続きを読む

慶州へ!💕

慶州へ行ってきました! 釜山に住む友人お二人が、私の母が来ているからとわざわざ車を出して日帰り観光に誘ってくれたのです。 紅葉が始まった今の季節、天気も素晴らしくとても楽しい一日でした。 母は以前から、慶州へ一度行ってみたいと言っていて。 母は日本で生まれた在日韓国人ですが、母の父親、つまり私の母方のおじいちゃんはもともと慶州の出身で、母は行ったことはない慶州に特別な思い入れがあるようで。 今では有名な観光名所になった慶州。 私が住む海雲台からも近いと言えば近い距離にあるけれど。 電車に揺られて母を連れて慶州を歩き回ったり、もしくはタクシーを手配して観光をするのは、ちょっと重い腰をあげる勢いがないとなかなか実現できなくて。 そんな時に、「行こうよ」と誘ってくれた友人二人には本当に感謝です。 おかげで私も初めての慶州を満喫することができました。 これ、うちの母なんですけどね。 この鐘を鳴らすには、寄付程度のお金を払ってさらに列に並ばないといけないんです。 でも母がどーしても、並んででも、鐘を鳴らしたいと言ったんです。 鐘を鳴らして何か、願い事をすると。 え・・・ほんとに?並ぶの? しょうがないので、列の最後尾に並び、ついでに聞いてみたんです。 で、願い事って・・。何を願うの? そしたら母は、私の反対側にいた、私の友人の顔を見て言ったんです。 私には息子とね、そのお嫁さんとね、そしてこの娘とね。 それに私には孫も一人…

続きを読む

ヨガを。

フェイスブックで友人からすすめられて、こんなものに登録してみました。 まずは1か月無料トライアルなので、どんなものかな、と。 サイパンに住んでいたころ、周りには相性の合う、素晴らしいヨガの先生に恵まれていました。 どっぷりヨガにハマっていたころには仕事の後や週末にヨガマットを車に放り込んで一週間に3日-4日はせっせとクラスに通っていた。 全くヨガから遠ざかっていた時期もあったけれど、日本に引っ越してからバタバタと職探しや住む場所を探し、やっと仕事や住居が決まってとりあえず一息つき、「さて、自分のために何かを」と思い立った時にまず始めたのはヨガスタジオ探しだった。 通っていたのはビクラムヨガといって、室温40度、湿度40度以上に保たれているホットヨガ。 たまたまうちから自転車に乗って気軽に通える場所にあったので決めたのだけれど、これは本当によかった。 1時間だか1時間半だかのクラスが終わると、Tシャツが絞れるぐらいの汗が出た。 ひと月¥17,000だったけれど、もったいないとは全く思わないぐらいハマってました。 このビクラムヨガ。 サイパンにいたころは、複数の先生からヨガを習ったけれど、ビクラムヨガというのは聞いたことがなかった。 ビクラムというインド人の方が作り上げたヨガスタイルなのだそうで。 なんとなーく、このヨガスタイルのことを検索したら、この元祖。教祖的なこの方。 セクシャルハラスメントなどなど、などなど、などなど、色々で逮捕状が出ているそうです。 …

続きを読む

共通の話題ーPeaky Blinders

アメリカに住んでいる二人の息子たちとは、いつもだいたいKakaoTalkで連絡しています。 時差のせいもあって、ほとんど文字で生存確認するぐらいですね。 それも私がメッセージを3つ送ったら、二人のうちのどちらかから一度、返信がある、というような。 そろそろ、たまには声を聞いて本当に元気にやってるのか確認を、と思い立った時はどうするかというと。 そう。 日本語のメッセージ。 「ひらがな」であることはとりあえず置いといて。 そして文字が「特大」であることも、そこは素通りでお願いします。 日本語で送ると、十中八九、そっけない文字のメッセージの代わりにボイスコールの電話がかかってきます。 どうやら、彼らにとって私の日本語のメッセージは、「いい加減にたまには電話しろこら~。」という風に聞こえるのかもしれません。 そういうつもりはないんだけどね。 それにイザ、電話がかかってくると、話すことも特段これといって、ない。 元気?ご飯ちゃんと食べてる?飲んだら乗るな。新しい彼女出来た? それぐらいです。 それが今朝の電話はいつもより長話。 何の話をしたかというと、ネットフリックスで観たPeaky Blindersです。 去年だったか、シーズン1からシーズン4までを夢中で観終わって、つい先日、シーズン5が出たので一気に観終わったところなんです。(あ、探してみたら、ここにも書いてましたね。 そもそも去年、このドラマは息子が「絶対観て…

続きを読む

去年に続き

今年も、Navyball というパーティに行ってきました。 これは、米海軍の誕生記念パーティとでもいうようなもので、釜山でも毎年開かれているそうです。 今年で244年目の「誕生日」だそうで、米海軍だけでなく、韓国の海軍の方々はもちろんのこと、オーストラリアからも軍人の方々がいらしてました。 うちの次男がちょっと前に卒業した大学も、このパーティととても関連が深い大学でもあるので、制服に身を包む若い軍関連の方々を見ると、皆、うちの次男に見えました。 ケーキカットのセレモニーもあったのですが、これは244年目を祝うケーキのおすそわけおすそ分けをいただいたものです。 ヒルトンホテルで行われたパーティは、お食事もワインもおいしく、存分に楽しませてもらいました。 ドレスはまだしも、履かないわけにはいかなかったハイヒールが、筋肉痛が残っている足にはちょっと辛かったですが。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む