海の景色

日曜日。 ちょっと曇ってますが、雨も降らず。 海雲台のビーチまで散歩に出かけました。 梅雨の合間の日曜日で、人出もかなりありました。 波が結構入ってきてて、ブギボーやサーフィンを楽しむ人も。 人で賑わっているとはいえ、それでものどかです。 同じ海岸でも、四季折々で海の感じも海辺の感じも違ってて。 いつ来てもいいですね。ヘウンデ。 ところで、これ。 どっかのSNSでも誰かが投稿しているのを見たことがありますが、今日、実物を見ました。 海岸に建てられている高層コンドミニアムの不動産会社の広告の一環みたいだけど。 20190630_142523.mp4 どっかで誰かが操縦してるらしいが。 人の目を引くという点では、アイデアすごいと思うけどさ。 この発想。どーなんでしょ。 ワンちゃん。 勝手な想像でしかないけど、心なしか不安そうな表情にも見え。 もしかしたらもう慣れたもので、なんともないのかもしれないけど。 こういうふうに犬をカートに乗せて、人の目を引こうと思う、どっかでカートを操縦しているであろう「その人」の発想がね。 何かちょっとね。ひっかかる。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む

笑っちゃいけないリコンのニュース

夢の大物カップルと言われた、ソンジュンギとソンヘギョがリコンだって。 結婚してから1年8か月。たったの。 お二人が付き合うきっかけとなった、<태양의 후예>(邦題は「太陽の末裔」なんですね)は、私も観てました。 ソンヘギョもかわいかったし、オトコというよりはまだ男の子と言った感じのソンジュンギが、華奢な体にはちょっと不釣り合いな軍服を着てソンヘギョと恋に落ちるドラマ。 その二人が現実に結婚し、「素晴らしい家庭を築きます。」なーんて言って1年8か月だって。 も~、こいつとは1分も一緒に同じ空気を吸いたくない。という心境になるのに、1年も10年も、時の長さは関係ないのかも。 でもさー、お互い莫大な財産と知名度があるのに。 もうちょっと我慢してみれば。と思うのは私だけだろうか。 仮面夫婦、もうちょっとできなかったんだろうか。 そりゃ、嫌いになった人とさっさと別れたいと思う気持ちもわかるけどさ。 でも、いろいろと出てくる、本人たちとはあんまり関係なさそうな色んなニュース記事を見てると、笑えると同時に、「あ~あ、もうちょっと我慢して仮面夫婦でもなんでも、取り繕うことはできなかったんだろうか。」と言いたくもなるんです。 ニュース記事とは、例えばこれです。 http://www.hani.co.kr/arti/area/gangwon/899723.html お二人が出会うきっかけにもなったドラマは、最高視聴率40%に迫る国民的に大人気のドラマだ…

続きを読む

旅行グッズの探検に!

久しぶりの本降りの雨で、うきうきしています。 家の周りの木々も花も何だか喜んでる感じが。 空気もしっとりした感じで、何だかいいですね。 パートナーは、ヘアカットの予約を今日入れてあったので、私もついていきました。 彼がカットしてもらってる間、私は私の用事があったので。 それは何かというと、久しぶりの! ダイソー! 来週からの旅行が迫っているので、ダイソーの海外旅行便利グッズコーナーを探索にいきました。 はい、わかってます。 今更、海外旅行グッズを買わなくても、家にあるものでどーにでもなるんだけどさ。 今回は何と、3週間の旅だよ。 久しぶりの長旅なんです。彼の生まれ故郷であるマサチューセッツ州のボストンへ。 3泊4日よりはかなり長く、でも1か月は超えない、3週間という長さが。 今まで旅行に必ず持参していた「旅行セット&グッズ」が当てはまらないビミョーな滞在期間。 そして問題は、3週間のうちの1週間は、海辺にあるB&B? いや、朝食はついてないからB&Bとは言わないのか。 貸家?海辺に点在している貸家のうちの一つに滞在するんだけど。 1週間滞在するのに、提供されるタオルは一人一枚。一日1枚じゃないよ。滞在中、1枚。 予約後に送られてきた案内には、「ケープコッド(ボストンにあるビーチリゾートです)の宿泊施設で初めて!タオルと清潔なリネン類の提供を始めた宿泊施設です!」といううたい文句。 えー。そうなの? まぁ、でもとりあえず、タ…

続きを読む

釜山限定💕

最近、スタバに行くとよく飲むものがあるんですが。 それが、これです。 夏限定。釜山限定。 その名も、釜山レッド・オン・ザ・ビーチ ピーチの味もするし、なんともいえぬさわやかな味で大好きなんだけど、飲むたびに思うことは。 ここにラム酒かウォッカを足したら最高なのになぁ~と。 ちなみに、うちの近くのスタバでこれを注文すると、かわいいスティッカーもくれます。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む

韓国映画「罪深い少女」

友達が、自分が観た映画がとってもよかったと、フェイスブックに書き込んでいた。 絶対観るべきだと。 それは韓国の映画で、書き込んだのはマイクロネシアのどこだったか忘れたけど、島のローカル男性。 島の特有のアート、例えば貝で作る装飾品とか、そういうものを作っていたのは知ってたけど、彼と韓国映画というのが結びつかなくて、それで逆に興味がわいた。 映画は、これです。 合法なのか違法なのかよくわからないけど、ネットで検索したらすぐ観ることができました。(字幕はなし) 今、検索してみたら日本でも上映したんですね。邦題は「罪深い少女」です。 すごい映画でした。 グロテスクで、人間の本性、残酷な女子高校生たちと、自分の身を守りたい大人たちのずるさ…。 力を持ち合わせない女子高校生が、大人たちの、集団の力でつぶされていく様子…。 いじめと自殺の連鎖…。 とっても迫力のある映画で、キム・イソクという監督のデビュー作だそうです。 おすすめです。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む

ヘウンデの床屋さん

サイパンで夏休みを過ごしていた息子が、いよいよアメリカへ帰っていくことになる。 帰りにもプサンで3日間過ごし、そしてソウル経由でアメリカへ。 それでちょっとバタバタとね。 二人の息子は、釜山へ来ると必ず立ち寄る床屋さんがありまして。 버드힐바버샵(Birdhill Barber shop)というとこなんだけどね。 以前はナムチョン洞にあったんだけど屋号を変えて、うちから歩いても行ける距離の場所に移転したんですね。 今回も次男はいつものように、カットしてもらいました。 若いビューティシャンの方たちもみなさんとってもクールで、一人の方が英語もとっても上手で、息子たちはすっかりお気に入りになり、おととしぐらいからプサンに来るたびにカットしてもらってます。 床屋なので私が行くことはないけど、こんなクールなお店、釜山にどんどん増えればいいですね。 応援クリックお願いします ブログランキング参加中

続きを読む