バンコクに到着

バンコクでの休暇を過ごしています。 今回の旅行は、パートナーの仕事も兼ねていて、昨日、おとといは彼がカンファレンスに参加していたので、私はホテルチェックイン後、一人で気ままな2日間をのんびり過ごしました。 バンコクは去年も同じ時期に来ていて、今回も同じホテルに泊まっています。 地下はローカルの方も見かけるスーパーマーケット。 野菜やフルーツの量り売りみたいのもあって、ベーカリーもあり、一階はロビンソンというデパートなのでとーっても便利です。 そして何より、部屋もバスルームもすべてが広々していて、キッチンもあり、スタッフの方もみな親切で、今年のバンコクの旅行を決めた時も、迷わず当然、このホテルに決めました。 初日のことですが。 夜中の12時に到着した私たちはタクシーで30分ほどのこのホテルに到着し、チェックインしました。 荷物を運んでくれるポーターの方に、渡されたカードキーで10階の部屋に通されると。 あれ。。 なんだか。。 去年と違う。。 部屋は小さめ。。 そして何よりも、古い。。 部屋に通された途端に、ビミョーな静寂。。。 えーっと。。ランドリーはないんですね。。 と、つい言葉が出る。。 去年は、広々としたキッチンの一角にドラム式の全自動洗濯/乾燥機があってとっても重宝したのだ。 今回もこのホテルに4泊の予定。そしてあと5泊、サメット島で滞在なので、洗濯できるという前提で荷造りしてきたのだけれど。。 パート…

続きを読む

新しい出会い!

ブログを通じて知り合った、釜山在住の日本人の方お二人とランチです。 何の気なしに釜山で書き始めたブログ。 このブログを通しての新しい出会いは、正直、考えもしていなかった。 でも、発信してみるものですねぇ。 釜山ではまだ、友達らしい人は回りに誰もいない私ですが、久しぶりの日本語での会話もはずみ、とっても楽しい時間を過ごしました。 そして彼女たちは韓国生活が長いだけあって、私が知らないこともたくさん知っている。 頼りになる大先輩のお二人に出会えて、これからの釜山生活もますます楽しくなりそうです 同年代の、言葉も通じて「韓国」「釜山在住」というキーワードでつながった出会い。初対面だったり、たった何度かしかお会いしてないのに、何か昔から知ってる友達かオンニのような錯覚を起こしそうでした ところで、ランチをいただいたタイ料理のお店。 お店もとっても清潔できれいで、料理もとってもおいしかったです。 タイ料理といえば。 今日から私はパートナーと、タイへ出発です 彼が仕事がらみで出席するカンファレンスが、バンコクであるそうです。 秋夕の連休ということもあり、私も一緒に行って、彼の仕事中はマッサージに一人ランチに、この前買ったキンドルで読書も楽しみます そうやってバンコクで数日過ごし、そして前から行きたいと思ってた、サメット島というビーチリゾートでのんびり過ごしてこようと思ってます。 釜山での私の日常も、かなりのんびりなんですけどね 秋夕だし。ビー…

続きを読む

米を食べる息子

長男が、今年の5月にアメリカで大学を卒業したことはここでも書きました。 彼は今、友人と3人のルームシェア生活を送っています。 私、まだ彼の「新居」には行ったことないんですが、3ベッドルームにリビング、ダイニングつき、そして各部屋にバストイレがついている、という、ルームシェアにはこれ以上ないほどのよい環境に恵まれているようです。 今までは、大学の寮で食事もついていたので、卒業してから私がちょっと心配したのは食事のこと。 最初のうちこそ、毎日出かけて食事していたらしいんですが、ルームメイトと相談し、平日は家で自炊しようと決めたらしい。 男3人で結構楽しくやってるみたいです。(たまに送られてくる「ホームパーティ」の写真には女の子もいっぱい写ってますが。) 朝は卵料理にコーヒー。 昼も家に帰り、パンにハムかなんかはさんで食べるらしい。 たまに写真も送られてきますが、夕食もステーキにマッシュポテトにワイン、とか、それなりに、作ってるみたいです。 ところでお米は食べてるの?と聞いたところ、なんと。 炊飯器なしに、なべで水加減、火加減を調整してご飯を炊いているらしい。 実は私、それ、苦手なんです。 私、炊飯器がなかったらご飯、炊かないかも。笑 と、正直に言うと、「ちょっとやめてよー、そういう事言うの。簡単じゃーん。人差し指の先のところぐらいまで水入れてさー、弱火でちょっと置いとけば簡単に出来るよー。」 らしい。 大人になったなぁ。 …

続きを読む

静かなお店で肉を。

週末は暑かった釜山。 夕方、ちょっと涼しくなってきた頃、パートナーと夕食に出かけました。 サムギョプサルをガッツリ食べるつもりで出かけたんですが、涼しいのが気持ちよくてちょっと散歩してる間に見つけたお店に決めました。 화규 というお店です。 コの字の形のカウンターのみのお店で、10席前後の小ぶりなお店。 店内も薄暗く、静かに飲んで食べるにはよいお店だと思います。 窓からは、まるで雨模様のように水が流れてて、これも何だか落ち着く感じ。 熟成させたステーキ肉をスタッフの方が丁寧に焼いてくれます。 うちの裏道、住宅街にある店にしてはちょっとお値段が高め?ですが、何だか昭和の雰囲気漂う、静かなお店で、肉もおいしく、気に入りました。 サムギョプサルや韓牛を炭火でガッツリ焼いて食べるのもいいですが、たまにはこういう静かな店で小さな火炉で焼いてもらって食べるのもいいですね。釜山にはなかなかない店です。 にほんブログ村

続きを読む

「ドラマ」なカップル

昨夜。 午前1時半。 尋常ではない叫び声?で目が覚め、寝ぼけた頭でベッドルームを出て、声がする方角へ向かうと、うちの玄関にたどり着いた。 ドア越しに聞こえる女性と男性の声。 うちの階ではないけど、数階、下のほうのエレベーターホールから聞こえる。 夫婦喧嘩だと思うけど、その声は尋常ではなかった。 女性の声は泣き叫び、意味不明の単語を繰り返している。 男性の声も、これまた意味不明の単語を何か怒鳴ってる。 お二人とも酔っ払ってたのかな。 それとも、言葉にもならないようなショッキングなことが、夫婦の間であったのかな。。 まぁ、夫婦が何年も一緒に暮らしていれば、色々あるよね。。 私も、色んな感情が押し寄せては引き寄せ、という日々を過ごしたことを思い出したよ。 そう。長年、一緒に暮らしている夫婦間の複雑な感情が、私の中ですでに遠い昔の過去形になっていることに気づいた。 この前、道端で言い争っている夫婦を見たときも実はそう思ったんだよね。 その夫婦は、だんなさまがすでに酔っ払ってたようで、それでもまだ飲みに出ると、道端でごねていた。 奥様は、「お願いだからやめて。一緒に家に帰ろ。」と最初は優しく止めていたけれど、まったく聞く様子もないだんなさんに、最後にはゲンコツで夫の二の腕をドツき、もー、ほとほと疲れ果てたという様子で、家に引っ張っていこうとしていた。 私が同じ経験をしたというわけではないけど、何年も、何十年も夫婦として暮らしていると、す…

続きを読む

Kindle(一つ、落とし穴が。。)

さて。 私の当面のおもちゃ、Kindle。 大きさはちょうどよく、重さは、とーっても軽いというふれこみだったので、正直、もっと軽いと思った。笑 でもタブレットよりは小さく軽く、スマートフォンよりは大きく読みやすく。 私にはちょうどよい大きさです。 本を読む以外に、私がダウンロードしたアプリは、Netfrlix、フェイスブック、インスタグラムです。 ほんとは、本を読んでる時に、フェイスブックなどのお知らせが入ってくると気が散るかなぁと思うんですが。 でもスマートフォンより大きい画面で見られるのは便利です。 言語に関しては、私はパソコンもスマートフォンもすべて、基本言語は英語、そして入力言語は、英語、韓国語、日本語を切り替えて使っています。 残念なことに、このKindleは、多言語の入力はかなり面倒。 決定的なのは、韓国語をサポートしてない。 日本語と英語の切り替えも、イチイチ設定画面から切り替えて文字入力しないといけないみたいです。。 ま、でもパソコンとスマートフォンの中間の位置と考えれば。 そして主に、手に入りにくい日本語の本を読むためのデバイス、と考えれば、ま、いいかなぁ、という感じです。でも、いまどき、韓国語をサポートしてないって。。うーん、ま、いいです。。。韓国語の本が読みたくなったら、うちの真裏にある、ヘウンデ図書館へ行けばいいし。。。 と、半ば無理やり、自分を納得させます。 今のところ、読みかけの紙の本があるので、それを読…

続きを読む