初めての経験(1)

数日前。 実は私、生まれて初めて、韓国での就職面接なるものに行って来ました。 結論から言うと、落ちたんですけどね。笑 政府の観光局関連の、それも1年限定の臨時契約社員で、うちからバスで20分ぐらいのとこ。 なんとなーく、インターネットを見てたときにたまたま目にしたんです。 私が長年やってきた、観光関連だったこと、それも「日本マーケティング部門」。 そして1年期間限定の、政府に関連したお仕事。 日本への出張あり。 何か。。私にぴったりぢゃないの? という気持ち半分と、韓国の職業面接というのがどんなものなのか見てみたい、という興味も半分で、オンラインで履歴書を提出したんです。 ここでまた、私、とっても気に入っちゃった。落ちたのに気に入ってもしょうがないけど。笑 何が気に入ったかって、この雇用主が定めた履歴書のテンプレートです。 つまり、自分で履歴書を用意するのではなく、決められた様式に則って記載しないといけないんですが、わざわざ赤字で注意書きが。 年齢、性別、家族関係に関する記載は一切しないように。 <블라인드 입사지원서>(ブラインド入社志願書)というもので、つまり、ブラインドデートとかの、あのブラインドですね。 余計な情報は得ずに、経歴と自己紹介をもって、第一段階のふるいにかける、という。 韓国に限らず、日本のものもそうですが、履歴書には必ず、年齢を書き込む項目があるじゃないですか。 もちろん、性別も。 そ…

続きを読む

新しいカフェ&ちょっと増えたアクセス数

この前閉店したお店のあとに、こんな素敵なカフェが出来てました。 とっても親切なスタッフの方が、「イタリアのコーヒー豆を使ってるんですが、味はどうですか?」とわざわざ聞きにきてくれたり、お店のインテリアも、かかっている音楽も素敵な感じで、気に入りました。 ところで、なんだかこのブログのアクセス数が少し増えたみたいで、嬉しいんですが、検索のキーワードは、サイパン関連のものが圧倒的に多くて、検索でこのブログを見てくれた方にはちょっと申し訳ない気もしてます。 なぜかというと、このブログに載ってるサイパン情報は、10年も前のもので、観光に遊びに行かれる方たちにはほぼ役に立たない情報ばかり。。 そもそも、観光情報はあんまりなくて、日常の生活をただただ書き記した、日記みたいなものですね。 サイパンでこれから生活していく、という方にはもしかしたらちょっと役立つ情報があるかもしれないけれど。 日本からの直行便がなくなってしまった今では(一時的なチャーター便は飛んでるみたいですが)、これからサイパンに移住する日本人の数も相当減っていくでしょうね。。 まぁ、きわめて個人的な、誰の役にも立たないようなものを、釜山で書き続けていくことになるのだけれど。 でもなんとなーく、読んでくださった方たちには、ありがとう、という気持ちです。 にほんブログ村

続きを読む

超おすすめドキュメンタリー

Netflixの映画やドラマはほぼ毎日のように何がしか見ている。 ちょっと前に全シリーズ見終わったのは、これ。 おすすめします実在の人物のドキュメンタリーです。 アメフトの強豪大学で、アメフトに明け暮れている選手のうち、私生活のトラブルや犯罪に巻き込まれてしまった彼ら。 アメフトの才能はあるものの、大学を退学になった以上、一度は道が閉ざされてしまう。 そういう彼らを、2年制の大学がスカウトし、そこから再度、4年制の大学への編入のチャンスを、そしてその先にはプロへの道を目指す、というもの。 このアメリカの片田舎にある2年制大学で、短大リーグの全米優勝を果たさない限り、スカウトの目には留まりにくく、文字通り、彼らにとってアメフトを通した人生のラストチャンスとなる過程を描いたもの。 Netflixの「ショー」だから、ある程度の脚色はあるとしても、それぞれの生徒たちの性格や人間味が画面を通して伝わってくる。 生徒のほとんどは、私の息子たちと同年代。 登場人物のほとんどは、アフリカ系アメリカ人の男の子たち。 それにしても彼らの育ってきた環境は、壮絶ともいえる。 うちの息子たちもサイパンの、海とジャングルしかない小さな島でいろんな国の人たちに囲まれて育って、雑草のように育った。と思ってたけど、このドキュメンタリーに出てくる登場人物に比べれば、足元にも及ばない、という言い方は変だけど、彼らの「強さ」にはかなわないと思う。 選手たちもそうだけど、4シリーズに出て…

続きを読む

衝撃のポスター

週末は、BEXCOへ行ってきました。 BEXCOへ何しに行ったかということはあとで書きますが。 今日、書きたかったことは、これです。 釜山で地下鉄に乗ったことがある人だったら、誰もが、二度見せずにはいられない、強烈なポスターです。 すごいインパクトですよ。 そしてジーっ見たあとにグフフと笑いがこみ上げてきます。 数ヶ月前から気づいてはいたんだけど。 今日、初めて写真を撮ってみました。 日本の地下鉄でも見たことがある、マナーに関する注意喚起のポスターなんですけどね。 4つのコンテンツに分かれてる、このポスター。 ひとつずつ見て行きましょう。笑 乗り降りの際は、足もとに気をつけましょう。という、東京の地下鉄でもよく注意喚起されるあれですけどね。 左上の、ウォォー!という雄たけびのアイコン、っていうんですか?笑 あ~、今気づきましたが、この飛び乗った女性の顔だったんですね! 足は完全にホームと電車にはさまり、よく見ると手に持ったケータイは飛んでいっちゃってます。笑 そしてこれ。 エスカレーターに乗る際は、ベルトにつかまりましょう。というやつ。 このおばあちゃんのリアリティあふれる表情といったら。 おばあちゃんのド迫力に、笑って見過ごしてましたが、これ今、見直したら、おばあちゃんがエスカレーターに乗ってる最中に意識を失っちゃって倒れる瞬間、なんでしょうか。。 何か現実味があふれすぎてて、笑うことさえは…

続きを読む

10年前と10年後

こんにちは、Wasabiです。 10年以上も前のブログ記事を引っ張り出してきたことは先日、書きましたが、自分が書いた昔の記事に、こんな記事がありました。 これを書いたのが2017年の9月。 11年前です。 「ここで踏ん張れば、想像もしなかった明るい未来が待ち受けているかも。今に見てろよぉ。」だって。 我ながら笑った。しゃかりきすぎる、私。若かったな。笑 今に見てろといった割には、特に変わりなく相変わらずコツコツと働いたに過ぎない。笑 そして、えいやっ!と離婚ですね。(今に見てろとは、これのことだったのかな。笑) でも正直、当時は、離婚するなんて私にはありえないと思ってた。 何はともあれ。 でもね。 書いてること、当時考えてたことはあながち間違えていたわけでもない。 10年後の、まさに今の状況。子供たちが手を離れた。 当然、当時のように、ご飯を作ってあげたり、まして学校やテニスやバイオリンの送り迎えなんて遠い昔の思い出になった。 松田聖子ちゃんの、スイートメモリー。私にとっては、子供たちとのそういう日々がスイートメモリー。笑 二束のわらじに子育て。 当時は、平日の仕事に週末の仕事に、子供たちの世話も出来る限りこなしてた。 がんばってたな、私。 日々、「何で私はこんなにも働きづめ?」「私の人生はいったいどうなる?」という不安が私の心の奥底に渦巻いてたけど。 「10年後に、私に与えられた人生を喜んで引き受けてい…

続きを読む

タルト

こんにちは、Wasabiです。 台風は釜山を避けていったようですが、湿気のある生ぬるい風が吹きまくってます。 サイパンに住んでた時からの経験ですが、台風や低気圧が近づく前後は、朝焼けとか夕焼けがいつもとは違うんですよね。 異様なほどの燃えるような朝焼けとか夕焼けを見ることが多い。 海に囲まれた島で見る夕焼けとはちょっと違うけど、でも昨日の空はやっぱりいつもとは色加減が違う気がした。 昨日の夕食は、サラダに、このブルスケッタ(もどき)です。 昼には頂き物の、タルトをひとつ。 もともと甘いものはあまり好きじゃないですが、(酒飲みは甘いものがあまり好きじゃない、というのは定説ですよね。。笑)たまーに、日本のあの、おいしい甘すぎない美しい小ぶりのケーキ。恋しくなることもあるんですよね。 それか、逆に、サイパンのハイアットでよく買って食べたチョー濃厚な、これ以上はないくらいというぐらいヘビーなチーズケーキやチョコレートケーキ。 ほんの一口、食べたいな、という気分になることはある。 考えてみれば、韓国へ来て初めてのスイーツかな。 このデコレーションもかわいいね。 サイパンで大好きだった、プルメリアの花と香りを思い出しましたよ。 おいしかったです。ヘビーな感じ。 一個を食べるのはきつかった。味がどうのというより、年ですね。。笑 にほんブログ村

続きを読む