再会。

韓国から数日間、サイパンに戻って来ているK。 10年来の家族ぐるみの友人で、私より3歳年下の彼は、アメリカ&サイパンで育ち、数年前に韓国へ移り住んだ。 彼の事は4年前にサイパンに遊びに来ていた時にもここに書いた事がある。 サイパンで政府関連の仕事に就いていた彼。 「アメリカ人」とはいえ、韓国系の人物が政府関連の仕事に就くのは当時、珍しかった。 そんな安定した職場にいたにも関わらず、彼がいきなり、韓国へ移り住むと言った時にはトチ狂ったかと、正直思った。 当時結婚した彼女は、韓国でメークアップアーティストだった女性で、韓国で彼女に仕事はいくらでもあったとはいえ、当時の彼の仕事を辞めてまで韓国に移り住むのは無謀なんじゃないの。そんな事も本人に伝えた。 私たちにとっては彼が突然言いだしたように思えたけれど、彼の中では長い間考えに考えた末の結論だったようで、彼の意思は固いようだった。 ここの政府の仕事にしがみついたところで、先が見えない。 広いところで自分の力を試してみたい。もっと年を取る前に。今しかない。 そんなような事を言ったように記憶している。 彼の決意が固い以上、「じゃ、送別会ね。」と私達夫婦と彼で食事をした。 リーさんはしつこいぐらいに「行く以上は死ぬ気で頑張る位の覚悟を持て。」と説教をたれた。 リーさんはどちらかというと、彼というより彼のお父様と近しく、彼はリーさんにとって実の弟のような存在でもあり、父親みたいな気持ちもあったのかもしれない。 彼の心構えや意気込み、これから移り住む韓国…

続きを読む

たまご。

韓国から一時サイパンへ来ているUご夫婦と、日頃から親しい友人家族4人が我が家に来てくれた。 夕食を一緒に。 韓国人が集まると、ほぼ100%、韓国料理だからね。 今日は我が家でちょっと気分を変えた夕食を。 こしらえたメニューは、ローストビーフにシザーサラダ、ブルシェッタ。 ローストビーフはリーさんのお得意メニューなんです。 ブルシェッタというのはバゲットにトマトとバジル、チーズにガーリックを混ぜて作ったペーストを乗せて焼いたもの。 これとシーザーサラダは私担当。 シーザーサラダは、以前ハイアットホテルのシェフとして働いた事があるJから伝授してもらったレシピ。 シーザーサラダには卵の黄身とその他諸々の材料を混ぜるのだけれど、白身を捨てる事になる。 卵三つ分の白身、何となく捨てるのが忍びなくて取っておいたら、リーさんが白身パックを作った。 日曜日の午後、彼が私の顔に塗りたくってくれたよ。優しいでしょう私の夫。うっふっふ。 こーゆー、優しいところは好きだけど、何にでも細かいところはキライ。笑 ところでパックを塗って白塗りのような顔のままリビングルームのカウチに寝っ転がってウトウト。すると、玄関のドアを叩く音。 げげっ。こんな時に誰でしょ。 焦ってリーさんを呼んでみるけれど、応答なし。 ジェイッ!アロンッ! 応答なし。 部屋のドアを閉め切ってゲームに夢中らしい。 いやだなぁ。どうしようかなぁ。 居留守を使おうかと思ったけど、うちの玄関の真横には透明のガラスで家の中が丸見え。 覚悟を決めて…

続きを読む

車のこと。

私の車。14年落ち。エアコンは効きすぎるくらい効くし、この前友人の家に集まった時には、上り坂が恐ろしく急で道は雨が降り続いたあとでもあり恐ろしく凸凹で、友人の車は次々と坂の途中で断念して車を停止させているのに、唯一私の車だけが四駆で勇ましく彼らの家までたどり着いた。 年取ってはいても馬力はあるし、毎日のキャピタルヒルの往復にも耐えてくれてはいるんだけどね。 決定的な弱点があるんです。 前にはガンガン進むんだけど、だけどだけど、後ろにバック出来ないんです。笑 正確に言うと、停止した状態でエンジンをかけると後ろに進めない。 ギアをRに入れてアクセルを踏んでも、その場でブーンブーンと停止したままなんです。 でも前には進める。 そして5分位走り続ける。それからギアをRに入れると。バックが可能になる。 でも5分以下だと、まだRには入らない。 これ、実際運転していると、危ない事も多いんです。 駐車する時には必ず正面を向けて駐車。 そして駐車場から出る時にバックしなくてもいいような状態で停める必要がある。 一旦進むと戻れない。こんな車、見たことあります?笑 そんな状況なので、常に先の事を考えて走る。停める。 いつも行くスーパーでは、駐車スペースから外れた、植木の横に停める。 そこだと、真っ直ぐ停めてそのママ直進で出られるから。笑 この前、いつもの「私だけの駐車スペース」にいつものように停めようとしたら、何と友人が悠然とそこに停めて降りるところだった。 あぁぁー。私の駐車スペースなのに。 弁護士…

続きを読む

楽しみ。

ここ数ヶ月の、私の大きな楽しみの一つ。 週に二回ある、アロンのバレーボールの対抗試合。 学校対抗で、毎回盛り上がる。 アロンの学校は皆小粒ながら、かなりうまいのだ。 コーチがバレーボールの選手だった方だから、他の学校の、体育の先生が指導するのとは教え方が違うのかも知れない。 アロンのチームメイトは、私からしたらアロンと同様、皆、いつまでもベビーみたいで。 ジェイクの時とは何となく思い入れが違う。 今のところ、一試合を除いて全勝。 アロンは、学校で一番付き合いの長い友人、今では親よりもお互いの事を分かり合えてるんじゃないかという位の、ギャビーと2人、合同キャプテン。 私はここだけの話、バレーボールの試合がある日は、さっさと仕事を切り上げて早退する。 ホント、サイパンじゃなかったら考えられない話ですよね。 あ、サイパンでも、こんないい加減な仕事ぶりは私だけですか? それでも応援に駆けつけると、仕事中であろう方達がたくさん応援に来ている。 こういうのを、「自由さ」といっていいのかどうかわからないけれど、こういうちょっとした時間を持てるのがサイパン。 たかが子どもの練習試合、見たからとて何がどうなるわけでもないけれど。 それでも、されど子どもの練習試合。 子ども達が頑張っている姿を見ると、親の活力にもなる。 それにその時間を共有した事で、夕食の時の話題にも事欠かない。 島の状況は目に見えてはっきりと悪化しているけれど、そんな中でもこういう時間を持てる事は感謝。

続きを読む

思いがけず手に入ったもの。

夏のサッカー遠征の「祝勝会」。 歴史的な一点、歴史的な勝利のお疲れ様会というところですね。 選手とその家族が集まって、それぞれ一品ずつ持ち寄りで、楽しい週末の一日をビーチで過ごした。 私にとっても久しぶりの週末の休み。 アロンはサッカーに参加できなかったけれど、選手とその家族の集まりなので一緒に参加。 でも同年代の、選手たちとは一線を置いて、ちょっと後ろのほうから控えめに。 リーさんの知り合いの方が、要らないからと、実は私のニコンのカメラ用の望遠レンズをくれた。(嬉)。 リーさんとその方で、「飲みに行く」という事で話はついているのだという。 嬉しい! カメラも数年オチの古いもので、マニュアルでしか撮れない状態。 それで必然的に(マニュアルで撮るうちに)何となくカメラの使い方をやっと少しわかってきたような気もする。 今日はカメラを持ってビーチに出て、久しぶりに島の休日を楽しんだ気がする。

続きを読む

公立校の初日

やっと。やっと。 公立校の新学期が始まった。 長かったなぁ。 新学期の初日は、「すっげぇ楽しかった。」そうで。 ふむ。いつまでもこんな調子でいいのかなぁ。 Sophomore。つまり高校4年のうちの高校2年生。 そろそろ進路の事や色々と。 のんきでいい加減な親ではあるけれど、高校二年生ともなれば少し緊張感を持って考えなければ。 と思い、息子と向き合うと本人は、高校での友達づきあいが楽しくてしょうがない様子。 ところで初日を終えて、息子が持ち帰ってきたエピソード。 英語のクラスの先生が、長い間、insomnia(=不眠症)なんだって。 ・・・。そう・・・。で、不眠症の薬飲んでるんだって? 薬はもう飲みすぎて、効かないんだって。 夕食の準備をしていた手が止まる。 え。不眠症で眠れなかったら授業にも支障が出るじゃないの。日中は眠たいでしょう。 そう思うでしょう?だから毎朝毎朝、すっごい強いカフェインが入ってる何とかカプチーノナントカラッテというコーヒーを飲んでるんだって。本当にカフェインが強すぎて体に悪いんだけど、もう何年も続けてるから免疫が出来て大丈夫なんだってよ。 ・・・。で、コーヒー飲んでるから授業中、眠たくないって?先生そう言ってたの? うん。で、強いカフェインだから日中は「ハイ」になるらしいよ。このクラスは、他のどの科目よりも楽しいものになるだろうって。そう言ってた。 それはよかったね。カフェインでハイ状態になっている先生にあたって。 とは言えませんよー。 ちょ…

続きを読む