えぇぇぇ~?!?!

ガがーン! サイパン生活に欠かせなかった、Hマート! 2月いっぱいで閉店ですって! ショック。 利益が上がらなかったのだろうか? あーん、とってもショックです。 ちなみにHマートというのは、今ではサイパン唯一の、韓国食品を大量に扱っている大型スーパーマーケット。 他にも幾つか、韓国食品を売っているお店があるにはあるけれど、Hマートにはかなわなかった。 韓国の冷凍食品や、シャンプーや石鹸や、お菓子や調味料や。 これからどうすればぁぁぁ?!?! ショックです。

続きを読む

気づくという事。

私とリーさんがうちのガレージの方から聞こえる「変な音」に気づいたのは、ほぼ同時だった。 ガガガーッ、ガガガーッという、ポンプが空回りする音。 はい。地中に埋め込んであるタンクから水を吸い上げて蛇口まで送り出すポンプが、言葉通り空回りしている。 タンクに水が足りないのだ。 水の事は前にもここで一度書いたと思うけれど、今のところ我が家の生活用水は「雨水100%」。 雨水で生活していると言うと、もしかしたら「原始生活」を想像する人がいるかも知れないけれど、水道局から送られて来る水の代わりに雨水で生活出来るという事は、言葉通り自然の水で生活している訳で、そういう意味では「原始生活」そのものかもしれない。 言葉を代えれば、薬剤や人間の手を加えない、本来、人間に必要な自然の水で生きているという事で、自然の恵みを享受するありがたみを日々感じて感謝している。 雨水の事を「天水」とも言う。言葉通り、天から与えられる恵みの水。 薬剤を使わないと言ったけれど、空から落ちて来る雨をそのまま生活用水として使うのは、やはりバクテリアなどが心配なので、以前住んでいた家では、雨水用の200ガロンのタンクにクロリンという消毒剤を定期的に数錠、入れて使っていた。 今住んでいる家では、薬剤の代わりにUVシステムという、浄化システムを通った雨水が蛇口に届くようになっている。 洗い物やシャワー、洗濯などは全て、この水でまかなっている。 サイパンでの家庭につきものの、シンクやバスタブにこびりついて厄介な白い石灰もつかないし、Tシャツ…

続きを読む

no-title

この前、私たちが通う教会の聖徒の方々が我が家に来てくれた。 ほぼ毎週、金曜日には「今週はうちで。」と名乗りを上げた人の家で各々が料理を持ち寄り、皆で夕食を楽しみ、そして賛美歌を歌い、たわいのない話をして、聖書の勉強も少々。 お酒は出ないけど、かといって、ともすれば堅苦しくなる教会の集いとも違って、楽しい週末の夕食となる。 でもお酒は飲めない。(しつこい。笑) それでね、我が家の引っ越しを機に、「早くオープンハウスを。」を急かされたのもあって。 先週の金曜日は我が家で。 持ち寄りの料理は、いつも通りどれもおいしい。 いつもは余計な事は考えず、作り慣れたものを作る私ですが、その日は本当になぜか、ふと思い立って、メキシカン風の豆サラダに、パスタサラダ、それにこの前食べた、おいしくて感動した「ユキちゃんのレアチーズケーキ」の材料まで買い込んで、チャッチャッチャッと。 あ、チーズケーキは時間切れで出せずじまいだったけど。 どれも初挑戦の料理ばかりですよ。 そうやって、ふとやる気になっている時って仕事がはかどるんだよね。 インターネットでレシピもあっという間に探し出せたし。 大好評だったよへっへっへ。 マニャガハ島でのキャンプに、いつものように誰かが作って来ていたビーンズサラダ。 いつもおいしく頂いていたけれど、こんなに簡単な物だとは。 缶詰めの豆数種、コーンの缶詰め、オリーブ、赤いタマネギ、ピーマンに赤ピーマン。 ワインビネガーの代わりに酢とバルサミコを。 オリーブオイルに砂糖に塩こしょうに。 …

続きを読む