郵便にまつわる話し。

年末のバタバタの中、2週間ほど前にネットで買い物。 内容は、布団!ベッドシーツ!年末キャンプ用のテント!キャンプ用のエアベッド!テントを長持ちさせるための、テント専用ウォータープルーフスプレー! ま、そんなもんです。 ホントは大きなラグマットも、素敵な柄が格安で!あったので「お買い上げ」をクリックしたのだけれど、残念ながらサイパンには配達してくれないそうです。 そんな予感はしてたんだけどね。 ベッド用のブランケットは、引っ越した事もあり、ネットで見たら種類も豊富だし、思ったよりかなり安いではないですか。 今回はまとめてウォールマートで。 買った物は、1月12日から24日までの間に配達されるという。 日本やアメリカ本土での翌日配達が当たり前になりつつある現状からしたらびっくりするほど日数がかかる配達だけれど、ちゃんとサイパンに配達される事だけでもありがたいのだ。 どちらにしても年末のキャンプには、注文した時から間に合わない事を覚悟していたから、今回は誰かに借りる事にして、新品のテントは次回のキャンプから使う事を考えていたのだけれど。 嬉しい事にクリスマスの翌日、大きな段ボールが次々と届いた。 キャンプは3日後。何と言う素晴らしいタイミング。 それにウォールマート、サイパン生活ではかなり割高になって負担になる、「運送費」。 他のサイト、例えばアマゾンやe-bayよりかなりお得だと思う。 モノによるのかな。 予想配達日よりかなり早めに到着したのもとっても気に入ったし、サイトで販売している物…

続きを読む

歌声か騒音か。

夕食も済み、のんびりとしているとどこからか聴こえる歌声。 最初は家の中で流しているパンドラの音楽かと思ったけれどどうやら違う。 ベランダに出てみると、聴こえる聴こえる。 ご近所の家で、生バンド演奏つきのパーティをしているらしい。 それにしても、木で遮られて様子は見えないけれど。すぐ側の家らしい。 バンドに合わせて唄っているボーカルの人。 イジョーにうまいんです。歌が。笑 暗闇にまぎれてその姿が見えないのがとっても惜しい。 顔を見てみたいと思うぐらい、うまいのだ。 うちの回りは普段は静寂と言っても良いぐらい静まり返っているのだけれど、今日はこのバンドのおかげで賑やかな夜である。 たまにはこんな夜もいいよ。 うるさいどころか、もっと歌ってて~と応援したくなるような。 ベランダに椅子を出して、一人聞き入った。 ジャングルを隔ててこんなところで誰かが歌に聴き入っているなんて、彼は思いもしていないだろう。 得した気分だな。くっくっく。 先週。満月の翌日だったと思う。明るい月夜だった。 この夜は、友人4人と我が家で飲み、そのうち二人がギターを持ち出して(そのうちの一人はもちろん、りーさん。もう一人はなぜか、車の中からいきなりギターを持ち出してきた。もともと歌うつもりだったらしい。笑)、言葉どおり、飲めや歌えやとやってしまいました。 今晩のプロ顔負けのボーカルとは違い、お隣さんは間に木が茂っているとはいえ、うるさい騒音だっただろうと思う。 だってねぇ、今日のボーカルの声、マイクを使っているとは…

続きを読む

月夜の韓国食堂情報

皆既月食の夜。 テニスレッスンが終わるPICからの帰り道。 月を眺めながら運転し、帰って夕食の準備も面倒になり、友人のコリアンレストランへ。 ここ、おいしいですよ。 ツーリストは誰もいないけど。 韓国人の在住者。それも常連(=客はオーナー夫婦の個人的な友人。笑)ばかり。 彼らの本業は、サイパン在住なら知らない人はいないんじゃないかと言う「豆腐ブランド」。 豆腐&もやし工場に、作りたての韓国餅も買える。 それに、サイパンで頻繁にあるポットラック・パーティに持って行く料理。 作る時間がなかったり、メニューに困った時。 ここでオーダー出来ますよ。 のり巻きやチャプチェ、ブルゴギにトッポッキなど。 これは急な時に本当に助かる。 こんなふうに豆腐やもやしや、パーティ料理のケータリングは、在住韓国人に知れ渡っているけれど、食堂のオープンはまだあまり知られていない。 彼らご夫婦が数ヶ月前に、今度は余ったスペースを利用してレストランをオープンしたのですね。 韓国焼肉に豆腐チゲ、具だくさんのボリューム鍋。ついてくるおかずはもちろん、新鮮な豆腐にもやし。 ヘルシーこの上なし。 言葉通り、家族的なおもてなしをしてもらえる、穴場です。 言っとくけど、宣伝料とかもらってるわけじゃない。 大好きなオンニの店だしね。身内や知り合いだけが通うのはもったいないぐらいの、おいしい店だからね。 私の今のブームは、Kim's Tofu食堂です。 あ、飲んで食べたあとは、言えば韓国風のあずきかき氷も注文出来る。食後のデザー…

続きを読む

The moment

あぁぁ、シアワセ。 そんなふうに、最近思った時のこと。 それはどんな時だったかというと、引っ越した家に備え付けてあった食器洗浄器に皿やお茶碗、フライパンにサラダボールを投げ入れ並べ入れて、専用洗剤をタラタラタラリとたらし、スイッチオン。 ビュンビュン、ガラガラガラ~ッと回る洗濯機のような音を聞きながら、明日の朝の、アロンの学校のベイクセールに出すおにぎり用に、お米を8合。 洗ったお米を炊飯器にセットし、ピッピッピッとタイマーを早朝5時にセット。 4時50分に、ケータイ電話のアラームセット。 そしてベッドに横になった瞬間。 あー、回りにある電化製品が全部やってくれる~。シアワセ~。 そう思ったんです。 皿は洗ってくれる。お米は時間通りに炊いてくれる。時間になれば深い眠りについている私を起こしてくれる~。 あーシアワセ。ってね。 翌朝、優しい電子音に起こされて。 時間通りに炊き上がっているお米に、よしよし。 食器洗浄器を開け、まだ高温の余熱が残っている洗浄器内でピッカピカに光っているお皿を見て、よしよし。 おにぎりを握るうちに、窓の外に朝日が昇る。 今日も楽しくいこう。

続きを読む

Luck

週末に子どもたちが所属するサッカークラブの打ち上げパーティがあった。 5歳ぐらいの小さな子どもから上は18歳まで。 同じクラブのサッカーキッズとその父兄が集まる。 持ち寄りの料理が並び、気持ちいい風の吹く、ピクニック日和の良い日だったなぁ。 ところでこういったイベントにつきものの、ラッフル。 くじ引きというのかな。 クラブへの寄付金集めのためでもある、くじ券を買って当たったらスポンサー企業からのギフトをもらえるというもの。 一枚一ドルのチケットを10枚。 4枚にジェイクの名前を。4枚はアロン。私とリーさん、一枚ずつ。 半券をくじ箱に入れる。 くじ引きの当選者の発表は、ピクニックの終盤にあった。 結果は。 ジェイク、野外用の椅子一つ。 アロン、ボール、帽子、そしてそして、MP3が当たったらしい。 大喜びのアロンと、悔しさのあまり顔がひきつるジェイク。 早速私に文句をたれるジェイク。 一体何枚ずつ名前書いて入れたの?全部アロンの名前だったんじゃないの? と、眉間にシワを寄せる息子。笑 えーっ。まさかそんな事しないですよ。 その証拠に、当たったんでしょ?椅子。 彼は不満そうに折りたたみのそれをバサバサと広げ、忌々しそうにどさりと座る。 横で喜びをかみしめているアロン。 アロンは日頃からくじ運がいいんだもんね。 なぜかいつも、当たるのはアロンなのだ。ふんっ。(何が「ふんっ。」なんだか。笑) そのピクニックの前日には、私が勤める会社の社員クリスマスパーティがあった。 私はこういうパ…

続きを読む

それぞれの週末

週末。 子供達は、この島を離れて他国へ移るお友達の送別会パーティへ。 某ホテルで盛大にパーティをやるそうだ。 お隣さんファミリーは家族総出でそこへ出かけると言う。 そしてうちのボーイズたちも乗せてってあげるわよという。 実は、送別会を主催しているご家族は、子ども同士こそ仲がいいけれど、親同士はあまり交流がなかったのだ。 それなら、とお願いし、じゃ、帰りも乗せて帰って来てくれる?と聞くと、OK!だそうだ。 「じゃ、君たちは日曜日の素晴らしい午後を、子ども抜きの2人だけのデートを楽しめるってワケだね。」とウィンクするお隣りのJ。 くくく。そうね。デートと言えばデート。 子ども抜きの夫婦2人だけで、前からしたかった事が、あるにはある。 それはねぇ、何かと言うと。 今では廃墟となっているアパートがうちの近くにあるのだけれど、そこの前庭にはそれはそれは立派な、ライムの木があるのです。 そこに成るライムは、それはそれはジューシーで実が大きくて。 誰も住んでいない、荒んだ廃墟に爽やかなライムの香りを放っている。 偶然みつけたその木。 ニ、三個もいできたライムの味が、私もリーさんも忘れられなかったのだ。 そして今日。 このチャンスに、またライムをもぎに行き、そして枝を切って来てうちの庭に植える作戦。 うちの庭にあのジューシーなライムがなる。それをもいで来て焼酎にラムに・・・。 考えただけで幸せな気分です。笑 計画は無事、実行され、ついでにお隣に生えているイランイランの枝もちょっと切らせて頂いて。(あ、こ…

続きを読む