take it easy...

1週間の春休みを目前にして、今日はカレッジで英語のクラス、中間テストだったんです。 ここ数ヶ月の間に習った事を復習して、今日は早めに寝て睡眠を充分とるように。 と言われたけれど。 こんな膨大な量を復習と言われてもねぇ。私はフルタイムの仕事をしている身だしねぇ。 と、ブツブツ心の中で言い訳をしているうちに今日になってしまった。 TOEFLと同レベルの、語彙と読解力のテストです。 60問中、45問正解したら、中間テストは合格。なのだそうです。 問題は全て4択の選択式。 こう書くと、ナンダ結構カンタンじゃないか、と思うでしょう。 ところが。 難しいんだよホントに。 結果はまだ出てないからここには書けません。 結果が出ても、多分、ここには書けないと思います。ぶっ。 それでも、言い訳するわけじゃないけど、この前は10数ページに渡るテキストブックの内容をもとにリポートを書くという宿題で、私が仕上げたリポート、先生がなかなか返してくれないので、授業が終わってから「これ、もらっていってもいいですか?」と取りに行くと、「あ、これ、うまく出来ているリポートのサンプルとして別のクラスで生徒に見せたいんだけど、僕が保管してもいいかな。」だって。 おほほー。と一瞬、有頂天(笑)になったはいいものの、イザ、テストでは質問の意味すらもわからないものもあり。 この落差は何なのだ。と先生も訝しく思うに違いない。 しょうがないでしょう。辞書がないと、単語の意味がわからないんだから。爆 テストを一回免除してもらう代わりにリ…

続きを読む

Boy's Night

明日は嬉しい祝日。 子供たちの学校も休み。 私の勤め先も休み。 大学も休み。 リーさんのオフィスも、スタッフは休ませると言う。 マニャガハはオープン。スタッフに任せて。 大事な、休みの一日。どうやって過ごそうかと思ったら、アロンが友達を家に呼びたいという。 彼の誕生日ももうすぐだし、サービスだ。 二人、家に遊びに来てもらう事になっていたのだけれど、そのうちの一人は昨日から熱を出していると言う。 じゃ、その友達は春休みに入ったら改めて遊びに来てもらう事にして。 代わりと言うわけではないけれど、ジェイの長年の友達でもあり、ジェイとアロンのクラスメイトでもあるクリスチャンも一緒に遊びに来てもらう。 私もここ数ヶ月、益々忙しくなってなかなか子供たちの友達を呼ぶことも出来なくなった。 こういう時じゃないとね。 有意義と言えば有意義な、久々の祭日になりそうだ。 明日は午後、バンザイクリフからスーサイドクリフまでの上り坂ハイキングにボーイズを誘おうと思っている。 ただ泊まってゲーム三昧の一日を過ごせると思ったらオーマチガイなのだ!

続きを読む

Mock Trial

先週の土曜日は、ジェイの一大イベントがあったのだ。 モック・トライアルと呼ばれる、実は私も去年までこれが一体何のことなのか、さっぱりわからなかったのだけれど、これは日本ではあまり馴染みのない(多分。)アクティビティだと思う。 実際の裁判を、法廷で体験すると言うもの。 事件のあらすじはあらかじめ、数十ページに及ぶ「台本」として渡される。 事件のあらましを頭に入れておくのはもちろんの事、それぞれの子供に与えられた役割-検察側の検事や、弁護士や、犯人の家族として登場する証人、目撃者、などによって、自分の主張を法廷で繰り広げる。 台本に沿って進行するとはいうものの、弁護側に矛盾するところがあったり、誘導尋問だと見受けられた場合、相手の弁護側から「意義あり!」の言葉が入る。言われた方は、判事から、次の言葉を促され、それが判事を納得させるものでないと、弁護は却下され、相手側に軍配が上がる。 「傍聴席」にはこの「裁判劇」を指導した先生や父兄が並んでいて、その中で判事を納得させる言葉を即座に発言しなければいけないというのは、見ているだけでも相当なプレッシャーだろうなと思う。 見ている私も冷や冷やした。 法廷は、実際の裁判が行われているところ。 そして判事は、実際のサイパンの判事なのだ。 今年で中学生のモック・トライアルは6年目で、彼もまた子供たちの裁判を楽しんでいるようにも見えた。 彼らのやり取りには、厳しかった。 いい加減な「意義」は認めず、実際に判事を納得させた「意義」はしっかりと認めてくれて。 去年は、…

続きを読む

週末の一日。

Now girl, here is some pep talk. Banish any negativity. You are powerful, intelligent, curious, funny, attractive, caring, daring and can accomplish anything you set your mind to. Take little steps towards your goal. Be patient with yourself. Love yourself. You can do it!!! I am backing you up!!!!! Ace that test, and if not, try, try, try-you can do it!!! With love サイパンからハワイに移り住んだ、友人から届いたメールの一部。 大学で聴いている英語の講義について、「期末試験で合格しなかったら・・・と考えると最悪な気分になるぅ。」というグチを書いて送ったメールへの返信。 単純な私は、こんなパワフルなメールを読んでいるだけで、そうかそうか。やれば出来るのか。むっふっふ。と力がわいてくる。 先週は、韓国人の女性二人とリーさんと、アクアリゾートのハッピーアワーに出かけて来た。 子供達のサッカーの試合を観戦し、それぞれの子供達は皆、友人の家で留守番。 大人だけで出かけようという、楽しいイベントだったのだ。 息子たちはラッキーな…

続きを読む

泣けるユーチューブ。

ユーチューブで、アカデミー賞のこの映像を見てボロボロ泣いている私って・・・。 ミシェル・ファイファーとジェフ・ブリッジスって、ワタシ昔から大好きだったんです。 ミシェルファイファーが、上の映像でも言っている、「恋のゆくえ」という映画があった。 当時、ビデオで何度も観た。 ジェフ・ブリッジス、カッコいいですね。 ミシェル・ファイファーも。 この映像には、他にも俳優が出ていて、皆、若くて華やかだけれど、この二人が一番落ち着いていて貫禄があって、私には一番美しく見える。 自分に自信を持って、かっこよく年を取っていきたいね。

続きを読む

vocabulary

こーゆー事書いて、変な検索にひっかかったらイヤだなぁ。でも個人的にかなりウケた出来事なので。 私が取っている英語のクラス。 このクラスのレベルは、英語を「外国語」として学ぶクラスの中で一番上位のクラスなのです。 はっきり言って、私にはちょっと難しいです。 が、この前、一つ下のレベルの授業の、黒板に書いてある単語や文法などを見ると、私には物足りないような気がした。 ちょっと難しいと思うぐらいのレベルが、勉強するにはいいのかも知れない。 それで私は、入学手続きの時の、何が何だかわからない状態でたまたま選んだこのクラスは、結果的に私に最適なレベルとクラスだと思え、感謝している。 難しいと思う理由は、自分ではっきりわかっている。 「語彙の足りなさ」なのです。 もー、知らない言葉の羅列で、電子辞書を放り投げたくなる事もあるけれど、これも不思議な事に、次から次へと出て来る「未知の単語」を毎日毎日聞いていると、これまで知らなかった単語が一つ、二つと頭の中に残っているのを自覚する事が出来る。 「あ、これ。この前も出て来たよね。」という単語が少しずつ増えて来る。 それでも意味は、一度や二度ぐらいじゃ覚えられない。 その度に辞書で調べ、「そうそう、そうだった。そう言う意味だったよね。」の繰り返し。 単語の意味を頭の中にインプットするスピードは、まるで亀か、かたつむりかと、我ながら思うけれど。 ところで、たまたま取る事になったこの時間帯のクラスの先生。 前にも書いたけれど、60代の個性的な先生で、相変わらずシワク…

続きを読む