Getting Down

ブログを書いてる人なら誰でも思う事だと思うけど。 特に日々の出来事をつらつらと書いている人なら、ゼッタイ思うと思うんだけどな。 私生活で落ち込むようなことや、うまくいかないことが続くと、ブログなんて書きたいとも思わないんだよね。 私だけ? こんなの書いて何になる? こっちはそれどころじゃないんだよね。 楽しい日々だとか、今日一日を終えられたことに感謝だとか、ジョーダンじゃないよまったくぅ。 そういう事を書いたのは他でもない自分なのにね。誰に強制されるでもなく、好きで書いたはずなんだけど。 気分が乗らない、やることなすことうまくいかない気がする、そんな時は何から何まで歯車が合わない。 久しぶりに会った友人との世間話まで、後で考えると言わなくてもいい事を喋っていた気がして自己嫌悪。 いつもうまくいくはずの、作りなれたはずのスープも今日に限って失敗。 いつもは肉と野菜のコクがあっておいしいはずなのに、今日は辛さだけが際立って何の味もしない。はっきりいって、まずい。 夫婦の会話もかみ合わず、一触即発。というより、もうすぐ二回戦突入という険悪な雰囲気。 せっかく夕食を作っておいたのに、どこかでピザをつまんできて、お腹が空いていないという子供たちにも腹がたつ。 子供たちは私の虫の居所がいないのを察知し、「でも食べるからね。」と猫なで声で私をなだめるけれど、それさえも癪に障る。 食べたくなけりゃ食べなくていいよ。と毒づく。 ふぅぅ。 それで、このスランプというか、落ち込んだ自分の気持ちに挑戦するという…

続きを読む

no-title

この人、こーゆー事が大好きなのです。 それでなくても、いとも簡単にポキリと折れてしまいそうな腕でこんな事を目の前でされると、母親の私としてはハラハラする訳で。 この前は学校でこれ見よがしに私の前でこれを始めた。 Jake!Stop doing that!!! すると、回りにいた彼の友達が全員、ゲラゲラと笑い出した。 何せ彼らはもう、私より背が高いボーイズ。 彼らに心底おかしそうにゲラゲラ笑われて、冗談抜きでちょっとむっとした私。 ナニよ。何がそんなにおかしいの。What's so funny...?! ジェイの友人が寄って来て教えてくれた。 息子のジェイはこの「芸当」を始める前に回りの友人に耳打ちしたらしい。 「見てろよ。僕がこれをやったらママは絶対言うから。Jake, Stop doing that!ってね。」 そして彼の予言は見事、当たったという訳。 私が出来れば彼にやってほしくない事は、この「芸」と、スケートボード。 ハラハラして見ていられないのだ。

続きを読む

Give and take?!

何度か書いているように、大学に通うようになってから私たち家族の生活はガラリと変わった。 実際通っているのは私なのに、それによって家族の生活まで変わってしまったので、家族にはありがたく、ほんのちょっと申し訳なく。 でも出来る事は精一杯やっているので、文句は言うな。という心境です。笑 一番状況が変わったのは夕食。 リーさんは仕事の付き合いやなんかで一緒に夕食を食べない事はよくあったけれど、私が夕食を息子たちと食べない事は、子供達が友達の家へ遊びに行っているとか、ごくたまに私が友人と出かけるとき以外は皆無だった。 が。今月からは。 平日の夕食は私は家族と一緒に食べられない。 ちょうど夜の7時から8時までの講義があるため。 この時間をわざわざ選んだ訳ではないけれど。 空いていたのはたまたまその時間で、それに考えてみれば私はフルタイムの会社員でもある訳で、全ての講義を昼間のうちに聴く訳にも行かないのだ。 今のところ、夕方、退社した後のだいたい1時間ぐらいで夕食の下ごしらえをしておいて、キャンパスへ向かう。という日々を送っている。 そしてオトコ三人で夕食を済ませてもらい、だいたい食べ終わる頃に私が帰宅すると言う毎日。 今のところリーさんは平日は家で夕食をとっているけれど、付き合いで出かけなければいけない場合もある訳で、そうしたら息子二人で夕食を食べるしかない。 今年の8月にはジェイは高校生になるし、アロンだって中学生になる。 ガスや電子レンジさえ気をつければ、二人で夕食を食べるのだってそんなにた…

続きを読む

College Success

大学入学を決めて英語と数学のレベルテストを受け、いざ、科目を選択する段になって私は愕然とした。 クラスはほぼすべて、満員状態。 科目はもちろん、うまくいけば授業を受ける時間帯も自由に選択できると信じていた私が甘かった。 在学生が次の学期の時間帯はほとんど「予約」していて、新入生であり、それも期限ぎりぎりまでのんびりしていた私は、科目を選ぶどころか、空いているクラスを探すので精一杯だった。 時間帯を選ぶ余地もなし。 これは大変な事になったなぁ。 「アドバイザー」と呼ばれる、科目選択や色々な相談に乗ってくれる大学の職員の方の助けで、どうにかこうにか、空いているクラスに登録は済ませた。 ところが。 そうやってやっとの思いで入り込んだにしては、なかなか良い選択だったと、学期が始まって通いだしてから気づいた。 ホントについてる。ラッキーだった。 私はこういう場面で、いつもラッキーなのだ。 計算したわけでもないのに、講義はたまたま2クラス連続で続いていて中途半端な時間のロスもないし、曜日もばっちり分散されてバランスよく講義を聴けるような時間帯になっている。 科目も、とにかく定員に空きがあるところをただ選んだだけなのに、バランスよく取れたと思う。 ちなみに私が取っている科目は、英語、コンピューター、セラミック(陶器のクラスです。)、そして今日のタイトル。 College Success。 これ、一体何の勉強をするのか、さっぱりわからなかった。笑 いざ、講義が始まってみたけれど、初日の講義では記…

続きを読む

第一次・週末。

うっきゃ~ん。嬉しい。木曜日。 大学の講義は月曜から木曜まで。 子供たちの学校は月曜から金曜まで。 勤める会社も月曜から金曜まで。 でもでも。講義は木曜まで。 明日はのんびりできる。お~っと仕事も行くし子供たちのスケジュールもまだ「平日」だけれど。 でも講義はない。 気分は半分、週末。 そう。私にとっては半分、週末です。嬉しい。 週末の前のウキウキ感を二度、味わえる。 木曜日と、金曜日に。 おまけにリポートはもう済ませた。 週末は休める。あぁ、開放感でとろけそうです。 が。 一方で。大学の講義を聴くのも、思いのほか、楽しんでいる自分がいる。 明日も、行けと言われれば喜んで行く、というような、そんな気分。

続きを読む

memorize

最近、試験続き。 会社でも大きな予算を投入して始めたという、大規模なトレーニング。 社員教育の一環で、メンタルトレーニングと接客の基本について、とでも言うのかな。 とにかく一日ー8時間のトレーニングを受けた後に、筆記試験を受けた。 はっきり言ってわからない単語だらけです。 integrityとか、innovative shopping environmentとかね~、初めて聞きますから。笑 そういう言葉の羅列を、意味もよくわからないまま、覚えるのです。 いや意味は、トレーナーがわかりやすく説明してくれたから大体の意味はわかってるんだけど。 あまり聞いた事のない単語を覚えるのって、難しいんだよねぇ。 一つ一つの単語の意味をよーく理解してから。なーんて事は言ってられません。 試験でパスするのが第一目標ですから。 試験が終われば、聞くことも話す事もなさそうな単語ですから。笑 テキストブックを家に持ち帰って、文章暗記。 あ~、英語の文章を暗記するなんて、何年ぶり、何十年ぶりの事かしらん。 日ごろ見ない私の姿に興味を持ったジェイ。 どれどれ。とテキストブックを覗き込むと、私が一時間も二時間もかけて、それでもまだ完全に暗記していない数々の文章をどんどん暗記してスラスラと言うではないですか。 く、悔しい。

続きを読む