Appreciate

毎日、忙しくめまぐるしく、立ち止まって振り返る時間もないほどだけれど、それでも楽しく、生き生きと、毎日を過ごしていると言う実感がある。 考えてみれば、今日も昨日と同じように一日を終える事が出来るという事は奇跡に近い事なのかも知れない。 家族が事故に遭う事もなく、病気になる事もなく。 笑う時間があり、家族が一緒に食卓につく時間がある。 感謝しよう。

続きを読む

ラブリーアロン。

アロンの一日は大忙しだった。 2時半に学校が終わり、3時半から4時半まで学校対抗バレーボールの試合。 4時半から5時半まで、毎週月曜日のサッカーの練習。 そして5時半から6時半までは彼のテニスのレッスン。 よくもスケジュールがこんなにもぴったり合ったもんだ。と私は一人、感心する。 バレーボールの試合は勝ったそうで、ウキウキと高揚したその勢いに乗って、「次はサッカーだぁ!」と送り出した。 テニスはもしかしたら、「疲れた。今日は行きたくない。」と言うかなぁと思い、「さ〜て、次はテニスだぁ!」と様子を伺うと、サッカーでも今日は調子が良かったというアロンは、「よし頑張る。今日は調子いいんだ!(テニスのレッスンの最後にある)練習試合も勝てそうな気がする!」なのだそうだ。 よしよし。 ちょっと太り気味のアロン、たまにはこんなハードな一日もいいだろう。 6時半までびっちりこなしたアロン。 宿題をする時間がなかった。 ここのところ、量も多くなって来ている数学の宿題。 学校で習うアメリカ式の数式の解き方よりも、韓国式のがわかりやすいのだそうだ。 どこがどう違うのかは、私は知らないけど。 アッパに教えてもらった「韓国式の」解き方に「目からうろこ」だったようで、「そうかぁ。そうだったのか。」としきりにうなづいていた。 10時半まで頑張ったけれど、「今日だけトクベツね。」という条件付きでベッドへ行かせた。 この前、単語の綴りの勝ち抜き戦で、クラスで見事優勝した彼は、「ホームワーク・パス」なる…

続きを読む

バレーボール

我が家のボーイズたちが、最近特に忙しい毎日を送っている理由の一つに、バレーボールがある。 ほん の3ヶ月ほどのシーズンで終わる、嵐のようなバレーボールシーズンなのだけれど、練習はほぼ毎日。 試合は、学校対抗で週に二日。 他校へ行って試合をした日は、帰り道に校長先生がアイスクリームをご馳走してくれる事になっている。 今日はボーイズたちが通う学校で試合があった。 他校へはなかなか観にいけないから、今日は観戦。 コーチもいて、みな頑張ってはいるのだろうけれど、何せ一年を通して、忘れた頃に、思い出したように練習が始まって、ちょっと形になってきたかなぁという頃にはシーズンは終わるのである。 それでも子供たちは楽しく、頑張っている。 今日も2セット先取で、余裕勝ちしてました。 余裕勝ちのときにだけ出番を与えられるアロン。 頑張れアロン!!

続きを読む

台風

台風接近を口実に、食料を大量に買いだめ。笑 スパム缶とかツナ缶とか。 ついでに切らしていたオリーブオイルにステーキ用の肉のカタマリ。 りんごにぶどうにシリアルに。 緑の瓶の焼酎にマッコルリ、ワインまで買い置き。 これらを買いに、家族総出で雨にぬれて風に打たれながらマーケットを巡ったのだから我ながらアホかとも思うけど。 で、台風だからって、何で食料買いだめするの?と聞かれれば、そりゃぁ停電が長引いて冷蔵庫使えなくなるかもしれないぢゃないの。買い置きの出来る保存食を、ね。何てったって台風だからね。 というのは口実。 うちの場合、停電になるとちゃーんとジェネレーターに切り替わるから、冷蔵庫の不便なんてないのだ。 スパムなんて買っても、滅多に食べないし。 保存食とは対極にある野菜やフルーツも大量に買い込んだし。 要するに、台風にかこつけて、買いまくったというワケ。一種のストレス発散ですね。笑 おかげで冷蔵庫の中は満タンぎっしり食料が詰まってる。 台風が近づいてきたぞぉ、大変大変。ルンルンルン。とつい鼻歌など唄いそうになる。 そう。 ホントは全く大変などとは思ってないのです。 一種の台風イベントです。 先日会ったコリアンアジュンマ曰く、彼女の家はどんなに強烈な台風でも家の中は静まり返っていて水一滴も家の中に入ってきやしない。快適なのだそうだ。 ふーん、そうなんだ。 りーさん。もし私たちが台風の間に連絡が取れなくなって離れ離れになってしまったら、彼女の家を集合場所と決めておきましょ。 いいわね…

続きを読む

台風の予兆

ここ数週間、日曜日はマニャガハ島に”出勤”している。 二人いたスタッフのうちの一人が辞めたので。 スタッフは今一人しかいないので、彼女の休みの日には必然的に私が出る事になる。 教会に行けなくなったことと、今までのんびりと休んでいた日に仕事となると、前日の土曜日の夜から何となく”緊張”にも似た思いで、翌日に備えなければいけないので、週末の仕事が終わった日曜日の夜にはどっと疲れが出る。 今日は、サイパンに迫ってきている台風に備えて、マニャガハ島にあるテントというテントは全部外された。 前回の大型台風がサイパンを通過したのはかれこれ5年前。 数日の停電で、フリーザーのアイスが溶け出してそれは大変だったけれど、ビュンビュンと吹く風や窓に打ち付ける雨、ココナッツの木のしなる音など、薄暗く湿気がこもった部屋の中で台風を楽しんだ事を覚えている。 さて今回の台風。 マニャガハ島にいるスタッフは、「今晩、来るな。」と言っていたけれど、「明日の夜が山場」という人もいれば、「火曜日だぜ」という人もいて。 とにかく、Enjoy the typoon!で過ごすに越した事はないのです。 ビュンビュンと吹き荒れる風とともに、何事もなくこの島を通過してくれる事を祈るしかない。

続きを読む

綿菓子

アロンは、サイエンスプロジェクトを完成させなければいけないそうだ。 サイエンスプロジェクトというのはつまり、化学実験。または科学実験。 ほとんどの生徒は、二人または三人一組でプロジェクトを完成させるのだけれど、アロンは「一人」を希望したそうです。自ら。 協調性の欠如、ですかねぇ。笑 とにかく彼は、誰かと組まずに一人でプロジェクトを完成させる事を希望し、必要なものは、チョコレートチップ、マシュマロ、コットンキャンディ(綿菓子)、ホットチョコレート(ココア)なのだそうです。 まさか「この中でどれが一番甘くておいしいか。」という実験じゃないだろうけど。 言われるままに買いに走りましたよ。一つ一つ。 最後までみつからなかったのが、コットンキャンディ。 綿菓子。 その場で砂糖をぐるぐると巻いて作ってくれる綿菓子は見たことあるけど。 市販の綿菓子なんて、あるの? 通りがかるマーケットというマーケット全部に寄り、探し出したのがコレ。 やっと探し出したときには私も嬉しくて、アロンと手を取り合って喜びました。笑 そしていざ、手に取ってみてもっと気にいったのは。 日本語一行。 これこそあなたが欲しいものごす! おっしゃるとおり。 まさに、これこそ、私たち親子が欲しかったものです。 が、「ものごす!」に笑いました。 もう一つオチがあって、ためしにアロンが一つ、食べてみると、綿菓子と書いてあるそれは、何の変哲もない、「マシュマロ」でした。 そういわれてみれば、「綿菓子」のフワフワした感触はなく、…

続きを読む