街角インタビュー。

日本滞在中、朝食の準備をしながら何となく聞き流してTV番組で、「以前つきあっていた彼氏に言いたい一言。」を、街を歩いている女性に聞いてみる、というのをやっていた。 私は卵など焼きながら、「今だから言うけど、あんたのおならが死ぬほどイヤだった!」とか「何てったってセコいところが大っ嫌いだったのよ!」なんていうコメントに、番組に出ている芸能人が好き勝手な事を言ってゲラゲラ笑う、そういうノリだろうなと思った。 が。 出て来る「一言」を聞いて、口あんぐりだった。 以前におつきあいしていた方がぁ、マスコミ関係のファッションコーディネータをやってたんですけどぉ、私とつきあってる時は全然売れなかったくせにぃ、この前なんかの雑誌見たらぁ、○○ちゃん(←多分、名前が売れてるモデルの名前。)の写真の下にカレの名前が載っててぇ、あぁ、業界で頑張って活躍してるんだなぁって。こんな事ならもうちょっと我慢してつきあってればよかったなぁって思いますねぇ。これから連絡してまたよりを戻したいけどぉ、それがダメならせめて○○ちゃん紹介して〜。友達になりたい〜、みたいな。あはははー。 次に出て来たアホな女性は、つきあってた時は冴えない「自称」社長だった元カレが、今では六本木ヒルズに住むIT系企業の社長としてテレビに出演していて、この人もやっぱり、「こんな事ならもうちょっとつきあってればよかった。」と後悔しているそうだ。 街角インタビューの最後に、彼女はいきなりカメラ目線になって、元カレに訴え…

続きを読む

例の一件。

例のサプルメントの一件。 リーさんにばれてしまいました。笑 どーいうゆうにバレたかと言うとですね。 朝、リーさんが何かを探してたんです。 「あれどこいったかなぁ。」 何あれって。 「アメリカナンバー1とか何とか・・・。」 ??? 私は何の事だかさっぱりわからず、何アメリカ何とかって。 「だから何とかって、あっただろうここに。」 ここ。彼が示す先には常備薬やビタミン剤などが置いてある棚。 あ。まさか。 あれって、まさかあれの事。 あぁぁぁ、あれね。あれはえーっと。飲まなくてもいいよ。 だからだけど成分自体はとーっても体にいいんだけどね。でもあの、飲まなくてもいいの。 あの、今までずっと飲んでたの? クレジットカードの件が解決したので、品物自体の事はすっかり忘れていたわ。 まさか毒は入っていないだろうけど、でもやっぱり飲むのはやめとこ。と思ったワタシはリーさんに伝える事はすっかり忘れていた。そうだ。体にいいらしいから、一緒に飲もうぜー。という事になってたのだ。良心がチクリ。 「せっかくあるんだから、今日から飲んでみようと思ってさ。」 いいからいいから。飲まなくていいのよ。 「なんで。この前はスゴク体にいいから飲めって言ってたじゃないか。 わざわざ君がオーダーしたんだろ。」 いーからいーから。話したら長くなるから。 早く出勤しなきゃいけないでしょ。とにかく飲まなくていいから。 我ながら説得力なし。 動揺のあまり、つい目が宙に浮いてしまう。笑 「なんでなんで。なん…

続きを読む

ある日の夜。

夕食前。 何の気なしにドアを開け放つと外は辺り一面、オレンジ色のような黄色のような、いつもと違う夕焼けの色に包まれている。 何だか異様とも言える色に染まっていて、しばし家族皆で外に出て、何コレ~・・・。と言葉を失って辺りを見渡した。 食事が終わる頃。 リーさんはもう一度、外へ出て空を見上げる。 辺りは風一つ吹かない静けさに包まれている。 しばらくしたらスコールだな。とリーさんがつぶやく。 その時には気に留めてなかったけれど、本当に降って来た。 すごい雨だ。 あー気持ちいい。 ザーザーザー。 心も洗われる。 ザーザーザー。 イヤな事や面倒な事は全て流せー。 ザーザーザー。 ハイビスカスやレモングラスや、バジルやミントも喜んでいる。 ザーザーザー。 私とリーさんは、雨の音を外に聴きながら、韓国映画を観ていた。 「僕たちの幸せな時間」。 自分と世の中に絶望して無気力に日々を送るある女性と、刑執行をただ待つだけの日々を送る、ある死刑囚との交流を描いた映画で、どうしてその女性がこんなにも世の中に反発し、絶望的になっていったのかが明かされるいいところで。 ガラガラガッシャーン。 ・ ・・。ヒュ〜ン。 雷による停電です。 USPにつないでいたので、映画は観る事は出来たけれど、ひとまず中断。 ジェネレーター(自家発電機)に切り代わる間、懐中電灯やロウソクを取り出す。 雷のすごい音とともに電気が消えた事を考えると、もしかしたら長引くかもね、停電。 でも今はそれどころではない。映画の途中な…

続きを読む

またやってしまったワタシ。

インターネットで、あるものをみつけた。 それは、アンティエイジング-つまり老化防止に劇的な効果があると言う、ナントカ博士が新しく開発したナントカ成分100%の、錠剤なのです。 ワイン1000杯分のナントカ成分が、一錠に含まれているのだそうだ。 そしてこれは、エネルギーレベルを高め、ダイエットにも効果があるという。 CNNや、FOXテレビで紹介され、今やアメリカで爆発的な売れ行き、と聞けば博士の名前や成分がなんであるか、なんてどーでもいい。 誰でも試してみたくもなるではないですか。 そしてそして!今なら無料お試し期間!送料のみ負担で送ってくれるのだと言う。 即買い!! 送料は、アメリカ本土内よりも割高だったけれど、商品自体が無料なのだからね。 それでもお得。と考える。この時点で後先が見えなくなっていたのだ。今思えば。笑 数日後。 思ったよりも早く、モノは送られて来た。 パッケージを見ると。 はっきりウェブサイトに書いてあった訳ではないけれど、アメリカ本土から直接、送られて来るものだと思い込んでいたソレの消印は、香港。 宛名書きなどは全て、何だか拙い、英語を書き慣れていないと思われる筆跡で手書き。 おまけに、パッケージの中身を表示する欄には、これまた拙い字で“Electronics”-つまり電化製品となっている。 なんだこりゃ。うーむむむ。何だか。うさんくさいじゃないこれ。 開けてみると、うーん、確かにビタミン剤のボトルにタブレットが入っているのだけれど。 何だかやっぱりインチキ臭いのだ。 ボ…

続きを読む

最初の楽しみ。

今年の夏は、日本に帰るかどうか、本当に迷ったけれど、最終的に決めた理由は、11月以降、サイパンの移民関係の法律が変るかも知れないと言う事情から。 本当に私たちがここにいられるのか、滞在するとしたらビザはどのように変更されるのか、そういった発表が一切ないので、行って来るなら出入国に関して何の問題もない今しかない。といった理由があった。 それからもう一つ、大きな理由は、私の日本での再入国許可が今年の10月に切れると言う事情。 そういった事があって、子供達と一緒に行って来るならこの夏しかないという結論になった。 残念ながら今年も、リーさんは一緒に行けなかったけれど。 そして最終的に、日本行きを決めたからには徹底的に楽しまないと!と心に決めた私が一番最初に決めた「お楽しみ」は、母—トシコさんには、日本の実家に到着するまで知らせないで驚かせるという事。 トシコさんとはたまに電話で話したりするけれど、「今年は来ないの?」「本当に来ないの?」「ちょっと無理してでも、来れば?」「来年はジェイも反抗期になって一緒に来ないと言いだすかも知れないし。」「ジェイとアロンに会えるのは今年が最後かも知れないし。」 しつこいほどの、「来れば」攻撃に、「あーもう!行けないったら行けない!お金もないし。これ以上会社を休んだら、クビになるかも知れないし!」 これは、まんざら嘘でもない。 心底がっかりした声で、「そう・・・。」とつぶやくトシコさん。くっくっく。 ちょっと待ってね。ジェイに代わるからねー。 に…

続きを読む

今、何時ですか?

ある日の夕方。 ジェイと二人で某ホテルの中にあるサウナルームで日本は楽しかったねー。などという話をしていたら、観光客の女性の方が入って来て、しばらくすると聞かれた。 すいません、今何時かわかりますか? エーッと時間時間。 私は時計持ってないし。 あらジェイ、持ってるじゃないの。何時? という事で、ジェイは自分の腕に巻き付けられた時計をみつめる。 みつめる。みつめる。みつめる。 えーっとぉぉぉぉぉぉ。 ・・・。みつめる。みつめる。みつめる。 ・・・。 苦しそうである。 サウナで脱水症、じゃないですよ。 日本語でなんて言うのか、考えているのである。くっくっく。 それでなくてもサウナルーム。 額にかいてる汗は、暑さのせいだけではないね。笑 今までペチャクチャと、親子で日本語で話していたのだから、彼日本語あまり出来ないんです、というのも言い訳がましいし、それよりも面倒だったので、全身に汗して自分の腕時計を真剣に見つめている姿が心底おかしくて、腕時計を持っていないので時間をわかる術もない私は他人事のようにじーっと、こみ上げる笑いをこらえる。 何の気なしに時間を聞いただけの彼女の目にも奇異に映っただろう。 聞かなけりゃよかったと思ったかも知れない。 申し訳ないけど、ちょっとだけ辛抱してくださいね。 今、彼、考えてますから。爆 うつむいたまま腕時計とにらめっこするジェイ。 小さなサウナルームの中で行き詰まる沈黙。手に汗握る。 私と女性とで、じーっと、彼をみつめる。 やっと顔をあげたジェ…

続きを読む