土曜日の朝

土曜日の朝。 以前は9時に二人の子供たちをハングル学校に送ることから一日が始まっていたのだけれど、去年の末からはジェイのテニスのレベルが一つ上がった事によって、8時にジェイをテニスに送っていくことから土曜日の一日が始まる事になった。 うちからテニスのレッスンがあるホテルまでは片道20分程度。 レッスンは一時間。 テニスが終わったらすぐそのままハングル学校に送り届けなければいけないので、レッスンの間はコートの脇で時間をつぶす事になる。 これは全く苦ではない。 特にこの時期は気持ちのいい風が吹いていて暑くもないし、もちろん読みかけの本を持参してコーヒーがあれば、テニスコートの脇で過ごす朝の一時間などあっという間に過ぎる。 もうちょっといてもいいぐらいだ。笑 今日もジェイをテニスコートに送り出し、さてと、本を広げようとすると、同じく息子のレッスンが終わるのを待っているKが話しかけてきた。 「1時間、何して過ごすの?」 私「私はいっつも、読書ね。ただ、今日は淹れたてのコーヒー持ってくるの、忘れちゃったのよねー。何かが足りない気分。」と言うと、彼女が言った。 「こんなテニスコートの脇じゃなくてね、ホテルの中に静かで素敵な場所みつけたから、そこでお茶でもしない?」と誘われた。 いいよ、とついていくと、そこは何の事はない、ホテルロビーの脇にある、ちょっと奥まったところで、真新しいバリ風の椅子とテーブルが置いてあって、確かに落ち着いて静かな空間だった。 朝も早いので、眼下に広がるウォーターパークも静まり返…

続きを読む

誤解。

夕食のおかずをテーブルに並べ終えて、さて、家族そろって食べようという時に「明日のジョー」じゃなくて「隣りんちのジョー」から電話がある。 「これから行っていいかい?」

続きを読む

金曜集会。

金曜日の夜というのは、実は教会の信徒の家もしくは教会に集まって皆で食事をしながら触れ合う時間、なのです。私たちが通う教会では。

続きを読む

エネルギー。

手のひらの、中指の真ん中辺りに、いつの間にかホクロが出来ていた。 ゴミがついているのかと思って引っかいてみたけれど、それはホクロだった。 「手のひらにホクロがあると、お金をつかむ」んじゃなかったっけ? この前の夢と言い、ホクロと言い、私は最近、しょーもない事を無理やり幸運に結び付けようとしているようだ。笑

続きを読む

次のステップ。

最近、成長して明らかにちょっと変わって来てるなと感じさせる10歳の長男、ジェイ。 思春期にはまだ早いけれど、もうその準備段階という感じ。 思い通りにならないと、一瞬暗い目になってふてくされたりする。 前はそんな目はしなかったのに。 こっちも言葉を慎重に選ぶとか、一度頭の中で整理してから息子との対話に入るという事に気をつけるようにしている。 と言いつつ、つい次男のアロンに「最近さぁ、ジェイってすぐ怒るから怖いんだよねぇ。」などと愚痴った私。 8歳の息子に、思春期に入ろうかと言う長男の事を愚痴る私も私だけれど。笑 するとゲームボーイの手を止めずにアロンは言った。 「それはね、ピュバティ(=思春期)だからだよ、オンマ。 もうちょっとしたら 『何で僕を産んだの?産んでくれなんて頼んでないのに。』 って言うと思うよ。」 だそうだ。ぶはは。テレビの見すぎかなぁ。 子供の言う事は面白い。 が、そんな言葉を息子から実際聞いたら、どうしようかなぁ。 うーん、その時はその時。笑

続きを読む

変なニュース

インターネットで日本のニュースを何となく見ている。 「愛の流刑地」という映画がとっても人気なのだそうだ。 新聞に連載されていた渡辺淳一の小説を映画化したものだそうで、名前は忘れてしまったけれど売れている俳優が演じるキワどいシーンもたくさんあるらしい。 ふーん。観てみたいな。 その記事の続き。 女性が男性の目を意識せずに映画に没頭出来るようにという配慮から、女性専用シアターが出来て、それが好評なのだそうだ。 何だかそれって、キモチ悪くないかな。 原作が新聞にも連載されたぐらいなのだから、ストーリーも、読む人を惹きつけたものなのだろう。 それに渡辺淳一の小説は前に読んだことがある。面白かった。 それに加えて売れっ子の俳優が演じるならなおさら、恋人同士とか、夫婦で観に行きたいと思うのが普通じゃないの? ま、キワどいシーン(だけ)を目当てに悶々としている男性もたくさん観に行くだろうから、そういう男性の目が気になるという事?? だからといって観客席を女性だけが埋め尽くして観るって、気持ち悪いなぁと思う。 女性の友達同士で観に行くのも楽しいだろうけれど、それを男性に見られるのは恥ずかしくて、回りが皆女性なら恥ずかしくないというのも、何だか余計いやらしくて幼稚だと思うのだけれど。 女性だけが入れる「アダルト映画シアター」なら、「男性の目を気にせず」というのもまだわかる気がする。笑 記事の最後に、実際に入って観てきたという女性(40歳という年齢まで書いてあった!)の「男性の目を気にせず、じっくり観れて…

続きを読む